Recent changes RSS feed

今物語

第11話 能登前司橘長政といひしは今は世をそむきて法名寂縁とかや・・・

校訂本文

能登前司橘長政といひしは、今は世をそむきて、法名寂縁とかや申すなんめり。和歌の道をたしなみて、その名聞こゆる人なり。

『新勅撰』撰ばれしとき、三首とかや入りたりけるを、「少なし」とて切りて出でたりける。少し激しきには似たれども、道を立てたるほどは、いとやさしくこそ。

その人、このころ、あるやむごとなき大臣家に、和歌の会せられけるに、述懐の歌詠みたりける。

  仰(あふ)げども我が身助くる神無月さてやはつかの空を眺めむ

と詠みたりければ、満座感歎して、この歌詠みためて、主も称美のあまりに、国の所一つ賜はせたりけり。

道の面目、世の繁昌、不思議のことなり。末代にも、さすがかかるやさしきことの残りたるにこそ。

このことを聞きて、隆祐侍従、言ひ遣りける歌。

  磨きける君に会ひてぞ和歌の浦の玉も光をいとど添ふらん

翻刻

能登前司橘長政といひしはいまは世をそむきて
法名寂縁とかや申なんめり和哥の道をたし
なみてその名きこゆる人也新勅撰えらはれし時
三首とかや入たりけるをすくなしとてきりていて
たりけるすこしはけしきには似たれ共みちをた
てたるほとはいとやさしくこそその人このころある
やむことなき大臣家に和哥の会せられけるに述懐/s10r
の哥よみたりける
  あふけ共我身たすくる神無月さてやはつかの空をなかめむ
とよみたりけれは満座感歎してこの哥よみためて
主も称美のあまりに国の所ひとつたまはせたり
けり道の面目世の繁昌ふしきの事なり末代
にもさすかかかるやさしきことののこりたるにこそ此事
をききて隆祐侍従いひやりける哥
  みかきける君にあひてそ和哥の浦の玉も光をいととそふらん/s10l
text/ima/s_ima011.txt · 最終更新: 2014/12/18 02:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa