Recent changes RSS feed

今物語

第10話 大納言なりける人小侍従と聞こえし歌詠みに通はれけり・・・

校訂本文

大納言なりける人、小侍従と聞こえし歌詠みに通はれけり。

ある夜、物言ひて、暁帰られけるに、女の家の門を遣り出だされけるが、きと見返りたりければ、この女、名残を思ふかと思しくて、車寄せの簾(すだれ)に透きて、一人残りたりけるが、心にかかり思えてければ、供なりける蔵人に、「いまだ入りやらで、見送りたるが、ふり捨てがたきに、何とまれ、言ひて来(こ)」とのたまひければ、「ゆゆしき大事かな」と思へども、ほど経(ふ)べきことならねば、やがて走り入りぬ。

車寄せの縁の際(きは)にかしこまりて、「申せと」とは左右(さう)なく言ひ出でたれど、何と言ふべき言の葉も思えぬに、折しも、ゆふつけ鳥、声々に鳴き出でたりけるに、「あかぬ別の」と言ひける事の、きと思ひ出でられければ、

  物かはと君が言ひけむ鳥の音(ね)の今朝しもなどか悲しかるらん

とばかり言ひかけて、やがて走り付きて、車の尻に乗りぬ。家に帰りて、中門に降りて後、「さても、何とか言ひたりつる」と問ひ給ひければ、「かくこそ」と申しければ、いみじくめでたがられけり。「さればこそ、使ひにははからひつれ」とて、感のあまりに、知る所など賜びたりけるとなん。

この蔵人は、内裏の六位なと経て、「やさし蔵人」と言はれける者なりけり。この大納言も、後徳大寺左大臣1)の御事なり。

翻刻

大納言なりける人小侍従ときこえし哥よみにかよ
はれけりある夜物いひて暁かへられけるに女の家の
門をやりいたされけるかきと見かへりたりけれは此女/s9r
名残をおもふかとおほしくて車よせのすたれにすき
てひとりのこりたりけるか心にかかりおほえてけれは
ともなりける蔵人にいまた入やらて見をくりたるか
ふりすてかたきに何とまれいひてことのたまひけれ
はゆゆしき大事かなとおもへともほとふへき事
ならねはやかてはしり入ぬ車よせのえんのきはに
かしこまりて申せととはさうなくいひ出たれと何と
いふへきことのはもおほえぬにおりしもゆふつけ鳥
こゑこゑに鳴出たりけるにあかぬ別のといひける
事のきとおもひいてられけれは
  物かはと君かいひけむ鳥のねのけさしもなとかかなしかるらん
とはかりいひかけてやかてはしりつきて車のしりに
のりぬ家にかへりて中門におりて後さても何とか/s9l
いひたりつるととひ給ひけれはかくこそと申けれは
いみしくめてたかられけりされはこそつかひにははから
ひつれとて感のあまりにしる所なとたひたりけると
なん此蔵人は内裏の六位なとへてやさしくら人
といはれけるものなりけりこの大納言も後徳大寺
左大臣の御事なり/s10r
1)
藤原実定
text/ima/s_ima010.txt · 最終更新: 2015/09/04 23:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa