Recent changes RSS feed

今物語

第1話 大納言なりける人内へ参りて・・・

校訂本文

大納言なりける人、内へ参りて、女房あまた物語りしける所にやすらひければ、この人の扇(あふぎ)を手ごとに取りて見けるに、弁の姿しける人を書きたりけるを見て、この女房ども、「鳴く音(ね)な添へそ野辺の松虫」と口々にひとりごちあへるを、この人聞きて、「をかし」と思ひたるに、「奥の方(かた)より、ただ今、人の来たるなめり」と思ゆるに、「これはいかに。『鳴く音な添へそ』と思ゆるは」と知りたり顔に言ふ音(おと)のするを、この今来たる人、しばしためらひて、いと人にくく、優なる気色(けしき)にて、「源氏の下襲(したがさね)の尻は、短(みじか)かるべきかは」とばかり、忍びやかに答ふるを、この男、あはれに心にくく思えて、「ぬしゆかしきものかな。誰ならん」とうちつけに浮き立ちけり。

堪ふべくも思えざりければ、後にはさらぬ人に尋ねければ、「近衛院の御母1)、ひがごと、かうの殿の御局」とささやきければ、いでや、理(ことわり)なるべし。

その後、たぐひなき物思ひになりにけり。

  おほかたの秋の別れも悲しきに鳴く音な添へそ野辺の松虫

翻刻

大納言なりける人内へまいりて女房あまた物かたり
しける所にやすらひけれはこの人のあふきを手こと
に取てみけるに弁のすかたしける人を書たり
けるをみてこの女房ともなくねなそへそ野辺の
松むしとくちくちにひとりこちあへるをこの人ききて
おかしとおもひたるにおくのかたよりたたいま人のきたる
なめりとおほゆるにこれはいかになくねなそへそとおほ
ゆるはとしりたりかほにいふをとのするをこのいま
きたる人しはしためらひていと人にくくいふなるけし
きにて源氏のしたかさねのしりはみしかかるへきかはと
はかりしのひやかにこたふるをこのおとこあはれに
心にくくおほえてぬしゆかしき物かなたれならんとうち
つけにうきたちけりたふへくもおほえさりけれは/s5l
後にはさらぬ人にたつねけれは近衛院の御はは
ひか事かうのとのの御つほねとささやきけれはいてや
ことはりなるへしそののちたくひなきものおもひ
になりにけり
  おほかたの秋の別もかなしきに鳴ねなそへそ野辺の松虫/s6r
1)
美福門院得子
text/ima/s_ima001.txt · 最終更新: 2015/01/05 17:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa