Recent changes RSS feed

発心集

第八第14話(102) 下山の僧、川合社の前に於て絶え入る事

校訂本文

中ごろのことにや、山1)より下りける僧ありけり。糺(ただす)2)の前の河原を過ぐるに、幼なき童部三人、おのおのいみじく争ひ論ずることあり。

この僧、立ちとどまりて、そのゆゑを問ふ。童の言ふやう、「ここに、おぼつかなきこと侍り。神の御前にて、まづ人の読み給ふ経の名をさまざまに申して、『われこそよく言へ』と、かたみに論じ侍るなり」と言ふ。

「をかし」と思ひて、一人づつこれを問へば、一人は「真経」と言ひ、一人は「深経」と言ひ、一人は「神経」と言ふ。僧、うち笑ひ、「これは、みな僻事(ひがごと)ぞ。『心経3)』とこそ言へ」と言へば、言ひやみて、みな去りぬ。

かくて、一町ばかり行くほどに、河原中に、にはかにまぐれて倒れぬ。夢のごとくして、臥したるほどに、やむごとなき人、枕に来たりてのたまふやう、「なんぢがしわざ、心得ず。これ幼き者の言ふこと、みなそのいはれあり。『真経』と言ふ、僻事にあらず。実(まこと)の法なれば。『深経』といふ、また僻事にあらず。いはれ深きことはりなれば。『神経』といふもたがはず。神明のことにめで給ふ経なれば。このことをやや久しく論じつれば、とにもかくにもめでたく聞きつるを、なんぢが事をきしるゆゑに、言ひ止みて去りぬ。口惜しければ、そのこと示さんとてなり」と仰せらるると見て、汗うち流れあえて、ことなくなむ起きたりける。

神の法にめで給ふ御志、深げにあはれなることなり。

翻刻

  下山僧於川合社前絶入事
中比ノ事ニヤ。山ヨリ下リケル僧アリケリ。タダスノ前
ノ河原ヲスグルニ。オサナキ童部三人ヲノヲノイミジ
ク諍論ズル事アリ。此僧立トトマリテ其故ヲトフ。
童ノイフヤウ。爰ニ覚束ナキ事侍リ。神ノ御前ニ
テ先人ノヨミ給フ経ノ名ヲ様々ニ申テ我コソ
ヨクイヘト。カタミニ論シ侍ナリト云。オカシト思ヒテ
ヒトリヅツ是ヲトヘバ。一人ハ真経ト云。一人ハ深経ト云
一人ハ神経ト云。僧打ワラヒ是ハ皆非ガ事ゾ心経
トコソイヘト云ヘバ。イヒヤミテ皆サリヌカクテ一町/n27l
バカリ行程ニ河原中ニ俄ニマクレテ倒レヌ。夢ノゴトク
シテ臥タル程ニ。ヤムゴトナキ人枕ニ来リテノ給フ
ヤウ。汝カシワザ心得ズ。此ヲサナキ者ノイフコト。
皆ソノイハレアリ。真経ト云非カ事ニアラズ。実
ノ法ナレバ深経トイフ又非カコトニアラス。イハレ
深キコトハリナレハ神経ト云モタガハス。神明ノコトニ
メデ給フ経ナレバ此事ヲヤヤ久ク論シツレハ。トニモ
カクニモ目出聞キツルヲ。汝カ事ヲキシル故ニ。
イヒヤミテサリヌ。口惜ケレバ其事シメサントテ
也ト被仰ト見テ汗ウチ流。アエテコトナクナ/n28r
ムヲキタリケル神ノ法ニメデ給フ御志深ゲニ
哀ナル事ナリ。抑コトノ次ゴトニ書ツツケ侍ホドニ/n28l
1)
比叡山
2)
下鴨神社の糺の森
3)
般若心経
text/hosshinju/h_hosshinju8-14.txt · 最終更新: 2017/08/15 15:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa