Recent changes RSS feed

発心集

第八第13話(101) 或る上人、生ける神供の鯉を放ち、夢中に怨みらるる事

校訂本文

ある聖、船に乗りて、近江の湖1)を過ぎけるほどに、網船に大きなる鯉を捕りて、持(も)て行きけるが、いまだ生きてふためきけるを、あはれみて、着たりける小袖を脱ぎて、買ひとりて放ちけり。

「いみじき功徳作りつ」と思ふほどに、その夜の夢に、白狩衣着たる翁一人、われを尋ねて来たり。いみじう恨たる気色(けしき)なるを、あやしくて、問ひければ、「われは、昼、網に引かれて、命終らんとしつる鯉なり。聖の御しわざの口惜しく侍れば、そのこと申さむとてなり」と言ふ。聖言ふやう、「このことこそ心得ね。悦びこそ言はるべきに、あまさへ、恨みらるらむ、いと当らぬことなり」と言ふ。翁いはく、「しか侍り。されど、われ、鱗(うろくづ)の身を受けて、得脱の期を知らず。この湖の底にて、多くの年を積めり。しかるを、またまた2)賀茂の供祭になりて、『それを縁として、苦患をまぬかれなん』とつかまつりつるを、さかしきことをし給ひて、また畜生の業を延べ給へるなり」と言ふとなむ、見たりける。

翻刻

  或上人放生神供鯉夢中被怨事
或聖船ニノリテ近江ノ湖ヲスギケル程ニ網船ニ
大キナル鯉ヲトリテモテ行ケルガ。イマダ生テフ
タメキケルヲ哀ミテ着タリケル小袖ヲヌギテ買
トリテ放ケリ。イミジキ功徳ツクリツト思フ程ニ
其夜ノ夢ニ白狩衣キタル翁ヒトリ我ヲ尋テ来
イミジフ恨タル気色ナルヲアヤシクテ問ケレバ/n26l
我ハ昼アミニヒカレテ命オハラントシツル鯉ナリ。
聖ノ御シワザノ口惜ク侍レバ其事申サムトテナ
リトイフ。聖云様コノ事コソ心得ネ悦ヒコソイハル
ベキニ。剰ヘ恨ラルラム最アタラヌ事ナリト云。翁
イハク。シカ侍リサレド我鱗ノ身ヲウケテ得脱
ノ期ヲシラズ。此湖ノ底ニテオホクノ年ヲツメリ。
シカルヲマタマタ賀茂ノ供祭ニナリテ。ソレヲ縁ト
シテ苦患ヲマヌカレナント仕リツルヲ。サカシキ
事ヲシ給テ又畜生ノ業ヲノヘ給ヘルナリト云ト
ナム見タリケル/n27r
1)
琵琶湖
2)
「たまたま」の誤りか。
text/hosshinju/h_hosshinju8-13.txt · 最終更新: 2017/08/15 13:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa