ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:hosshinju:h_hosshinju8-10

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:hosshinju:h_hosshinju8-10 [2017/08/14 18:41]
Satoshi Nakagawa 作成
text:hosshinju:h_hosshinju8-10 [2017/08/14 18:41] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 やや久しくありて、寝覚めたるに、傍(かたは)らに女あり。寝ほれたる心に、もの詣でといふこと、ふつと忘れぬ。わが家にあるやうに思えて、何とも思ひ分かず、この妻を犯しつ。 やや久しくありて、寝覚めたるに、傍(かたは)らに女あり。寝ほれたる心に、もの詣でといふこと、ふつと忘れぬ。わが家にあるやうに思えて、何とも思ひ分かず、この妻を犯しつ。
  
-やうやう目覚めゆくほどに、思ひ出づれば、金剛蔵王の御前なりけり。ともかくも、いふはかりなし。「家にありて精進なんどはじめたるほどだに、いささかも怠ることあれば、時を過ごさず、恐しきことのみあるに、かばかりの誤りをしつ。ただ今、罸を蒙らんこと、疑ひなし。こはいかがすべき」と、妻男驚き悲しぶ。+やうやう目覚めゆくほどに、思ひ出づれば、金剛蔵王の御前なりけり。ともかくも、いふはかりなし。「家にありて精進なんどはじめたるほどだに、いささかも怠ることあれば、時を過ごさず、恐しきことのみあるに、かばかりの誤りをしつ。ただ今、罸を蒙らんこと、疑ひなし。こはいかがすべき」と、妻男驚き悲しぶ。
  
 まづ、御前を出でて、河のほとりに二人行きて、よくよく水を浴みて、言ひ悲しみつつ、泣く泣くおこたり申して出でにけり。 まづ、御前を出でて、河のほとりに二人行きて、よくよく水を浴みて、言ひ悲しみつつ、泣く泣くおこたり申して出でにけり。


text/hosshinju/h_hosshinju8-10.txt · 最終更新: 2017/08/14 18:41 by Satoshi Nakagawa