Recent changes RSS feed

発心集

第七第10話(85) 阿闍梨実印、大仏供養の時、罪を滅する事

校訂本文

一年(ひととせ)、東大寺の大仏供養の時、田舎の人、残りなく参り集まりけるころ、かの勧進の聖、夢に見けるやう、一人の高僧来て、告げていはく、「この貴賤・道俗数知らず集まる中に、大夫阿闍梨実印(じちいん)といふ僧の、無始の罪障、ことごとく滅するなり」とのたまふ。

いと貴く思えて、「しかじかいふ人やある」と尋ねさするほどに、おのづから尋ねあひにけり。

すなはち、このことを語りて、「さても、いかほどのことを勤め給ふぞ。いといとおぼつかなく」など言ひける。さらさら仕(つかまつ)ることなし。ただ、御前に候ひし時、つねよりも信発(おこ)りて侍りしかば、他念なくして、泣く泣く涙を押さへて、理趣分1)をこそ、一遍読み侍りしか」とぞ答へける。

翻刻

  阿闍梨実印大仏供養時滅罪事
一年東大寺ノ大仏供養ノ時田舎ノ人残リナク
参集リケル比彼勧進ノ聖夢ニ見ケル様。一人ノ高
僧来テ告云。此貴賤道俗カズシラズ集ル中ニ/n20l
大夫阿闍梨実印ト云僧ノ無始ノ罪障悉滅スルナ
リトノ給。イトタウトク覚テシカシカ云人ヤアルト尋
サスル程ニ。自ラ尋逢ニケリ。即此事ヲカタリテ。サテモ
イカ程ノ事ヲ勤給フゾ。イトイト覚束ナクナド云
ケル。更々仕ル事ナシ。只御前ニ候シ時ツネヨリモ信
ヲコリテ侍シカバ。他念ナクシテ泣々涙ヲ押テ理趣
分ヲコソ一遍ヨミ侍シカトゾ答ヘケル/n21r
1)
大般若経理趣分
text/hosshinju/h_hosshinju7-10.txt · 最終更新: 2017/07/27 14:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa