Recent changes RSS feed

発心集

第七第9話(84) 恵心僧都、母の心に随ひ遁世の事

校訂本文

恵心僧都1)、年たかくわりなき母を持ち給ひけり。

志は深かりけれども、いとこともかなはねば、思ふばかりにて、孝養(かうやう)することもなくて、過ぎ給ひにけるほどに、しかるべき所に仏事しける導師に請ぜられて、布施など多く取り給ひたれば、いとうれしくて、すなはち母のもとへあひ具して、渡り給へり。

この母、世のわたらひ、絶え絶えしきさまなり。「何に悦ばれん」と思ふほどに、これをうち見て、うち後ろ向きて、さめざめと泣かる。いと心得ず、「君、嬉しさのあまりか」と思ふ間に、とばかりありて、母の言ふやう、「法師子を持ちては、われ、後世を助けらるべきこととこそ、年ごろは頼もしくて過ぎしか、まのあたり、かかる地獄の業を見るべきことかは。夢にも思はざりき」と言ひもやらず泣きにける。

これを聞きて、僧都、発心して、遁世せられける。ありがたかりける母の心なり。

翻刻

  恵心僧都随母心遁世事
恵心僧都年タカクワリナキ母ヲモチ給ケリ。志ハ
深カリケレドモ。イト事モカナハネバ思フ計ニテ孝
養スル事モナクテ過給ニケル程ニ。可然所ニ仏事
シケル導師ニ被請テ布施ナト多取給タレハ。イ
トウレシクテ即母ノ許ヘ相具シテワタリ給ヘリ。此
母世ノワタラヒタヘタヘシキサマナリ。何ニ悦バレント思
フホドニ是ヲ打見テ。ウチウシロムキテサメサメトナ/n20r
カルイト心得ズ。君ウレシサノアマリカト思間ニ。トバカ
リアリテ。母ノ云様。法師子ヲ持テハ我後世ヲタ
スケラルベキ事トコソ年来ハタノモシクテ過シカ。
マノアタリカカル地獄ノ業ヲ見ルベキ事カハ。夢ニ
モ思ハザリキト云モヤラス泣ニケル。是ヲ聞テ僧
都発心シテ遁世セラレケル有難カリケル母ノ心也/n20l
1)
源信
text/hosshinju/h_hosshinju7-09.txt · 最終更新: 2017/07/27 14:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa