Recent changes RSS feed

発心集

第七第8話(83) 道寂上人、長谷に詣で道心を祈る事

校訂本文

元興寺に、伊賀の聖道寂といふ人ありけり。因果の理(り)に暗からざりければ、深く仏道を思へり。

年若くて、長谷1)に参りて、道心を祈り奉りけり。夢中に僧ありて、示していはく、「道心は体なし。ただ、かくのごときの心を道心といふ」とのたまふとぞ見えたりける。

すなはち、世を遁(のが)れのがれ、頭(かしら)おろし、所々修行しける後には、飛鳥寺2)の辺(へん)に庵を結び、座禅・念仏して、さしたる勤めとては、小阿弥陀3)一遍を読みける。

これ、同じく往生を遂げたりける。

翻刻

  道寂上人詣長谷祈道心事
元興寺ニ伊賀ノ聖道寂ト云人アリケリ。因果ノ
理ニクラカラザリケレバ。深ク仏道ヲ思ヘリ。年若テ
長谷ニ参テ道心ヲ祈奉リケリ。夢中ニ僧アリテ
示テ云。道心ハ体ナシ。只如此ノ心ヲ道心ト云トノ
給フトソ見タリケル。則世ヲノガレ。頭ヲロシ所々修
行シケル後ニハ飛鳥寺ノ辺ニ菴ヲ結ヒ坐禅念仏/n19l
シテサシタル勤トテハ小阿弥陀一返ヲヨミケル。是
同往生ヲ遂タリケル/n20r
1)
長谷寺
2)
元興寺
3)
阿弥陀経
text/hosshinju/h_hosshinju7-08.txt · 最終更新: 2017/07/27 14:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa