Recent changes RSS feed

発心集

第七第6話(81) 賢人右府、白髪を見る事

校訂本文

小野宮の右大臣1)をば、世の人、「賢人の大臣(おとど)」とぞ言ひける。

納言などにておはしけるころにやありけん。内より出で給ふに、うつつともなく、夢ともなく、車の後(しり)に、白(しら)ばみたる者来たる。小さき男の、見るとも思えぬが、早らかに歩みて来れば、あやしくて、目をかけて見給ふほどに、この男、走りつきて、後(しり)の簾(すだれ)を持ち上ぐるに、心得がたくて、「何者ぞ、便なし。まかりのけ」とのたまふに、「閻王2)の御使、白髪丸にて侍る」と言ひて、すなはち車にをどり乗りて、冠の上にのぼりて、失せぬ。

いとあやしく思えて、帰り給ふままに見やり給へば、白髪を見て、一筋見出だし給ひたりける。

世の人の言ふことなれど、正(まさ)しくぞ証を見て、心にあはれと思されけるにや。もとは道心などはせざりけるが、これより、後世の勤めなど常にし給ひける。

翻刻

  賢人右符見白髪事
小野宮ノ右大臣ヲハ世人賢人ノヲトトトゾ云ケ
ル。納言ナトニテオハシケル比ニヤアリケン。内ヨリ/n17l

出給ニ。ウツツトモ無ク夢トモナク。車ノシリニ。シラ
バミタル物キタル。チヰサキ男ノ見トモ覚ヘヌガ。
ハヤラカニ歩ミテ来レハ。アヤシクテ目ヲカケテ
見給フホドニ。此男ハシリツキテ後ノ簾ヲモチ
アグルニ。心ヘガタクテ何物ゾ便ナシ罷ノケトノ
給ニ。閻王ノ御使白髪丸ニテ侍ト云テ。即車ニオ
ドリ乗テ冠ノ上ニノボリテウセヌ。イトアヤシク
覚ヘテ帰賜ママニ見ヤリ給ヘハ。白髪ヲ見テヒト
スヂ見出シ給タリケル。世ノ人云事ナレド正シ
クソ証ヲ見テ心ニ哀トオボサレケルニヤ。モトハ道心/n18r
ナドハセザリケルガ。是ヨリ後世ノ勤ナド常ニ
シ給ケル/n18l
1)
藤原実資
2)
閻魔王
text/hosshinju/h_hosshinju7-06.txt · 最終更新: 2017/07/24 12:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa