Recent changes RSS feed

発心集

第六第11話(73) 乞者の尼、単衣を得て寺に奉加する事

校訂本文

あるなま宮仕へ人の、清水1)に籠りたりける局(つぼね)の前に、色白(しら)ばみ、されほれたる老尼の、影のごとく痩せ衰へたる、物を乞ひ歩(あり)くありけり。十月ばかりに、汚なげなる破れ帷(かたびら)一つ着て、上に蓑を着たりけり。

見る人、「あないみじのさまや。雨も降らぬに。など、蓑を着たるぞ」と問ふ。「これより ほかに持ちたる物なければ、寒さは寒し、ずちなくて」など答ふるを、「暖まりあるべしとこそ思えね」など言ひて、笑ひけり。

果物など食はせたれば、うち食ひて立ちけるを、いかが思ひけん、呼び返して、単(ひとへ)をなん一つ推し出だしたり。

悦びて取りて去ぬと思ふほどに、同じ寺に奉加勧むる所に行きて、硯乞ひて、いと美しき手にて、この歌を書き付けつつ、単を置きて、いづちともなく隠れにけり。

  かの岸に漕ぎ離れたるあまなればおしてつくべき浦も持たらず

翻刻

  乞者尼得単衣奉加寺事
或ナマ宮仕人ノ清水ニ籠リタリケル局ノ前ニ。色シ
ラバミサレホレタル老尼ノカゲノ如クヤセ衰ヘタル物
ヲ乞アリク有ケリ。十月ハカリニキタナゲナル破帷
一ツ著テウヘニ蓑ヲ著タリケリ。見ル人アナイミジ/n26r
ノサマヤ。雨モフラヌニ。ナド蓑ヲ著タルゾト問フ是ヨリ
外ニ持タル物ナケレバ。寒サハサムシスチナクテナト答
フルヲ。アタタマリアルベシトコソ覚ヘネナド云テワラヒ
ケリ。クタ物ナド喰セタレバ。打クヰテ立ケルヲ。イカカ
思ヒケン呼カヘシテ単ヲナン一ツ推出シタリ。悦ビテ取
テイヌト思ホドニ。ヲナジ寺ニ奉加ススムル所ニユキテ。
硯コヒテイトウツクシキ手ニテ此歌ヲカキ付ツツ単
ヲ置テイヅチトモナク隠レニケリ
  カノ岸ニコギ離タルアマナレバヲシテツクベキ浦モモタラス/n26l
1)
清水寺
text/hosshinju/h_hosshinju6-11.txt · 最終更新: 2017/07/03 13:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa