Recent changes RSS feed

発心集

第六第2話(64) 后宮の半者、一乗寺僧正入滅を悲しむ事

校訂本文

一乗寺の僧正1)、かくれ給ひて後、そのはてのわざしける日、朝より、若き女房の壺装束したるが、涙抑へつつ、向ひわたりにたたずむありけり。人々、あやしう思ひて、ことまぎるる日なれば、わざと尋ね問ふ人なし。

すでに仏事始まりて後、この女房、人にまじりて聴聞す。初めより終りまで、泣くことおこたらず。その気色、世のつねのことにあらず。目立たしきほどに見えければ、ある人「この女房のさまこそ心得ね。かやうに集まり見ゆるを、もし、悪しざまにとりなす人もあらば、亡き御かげにも見苦しかりぬべし。いさ、追ひ出ださん」と言ふ。また、あるいは、「やうこそはあらめ。いかが説法の時泣くとて、追ひ出だすべき。情けなくあらん。そのゆゑを問ふべき」など、安からず言ひしらふほどに、わざ終りぬ。

聴聞の人ども、やうやう行きけるにも、この女房、いとど泣きまさりて、急ぎ出でんともせず。返り見がちにて、立ちわづらふを見れば、年二十ばかりなり。形などもいときよげなるを、化粧はみな涙に洗はれて、浅からず思ひ入りたるさまなり。

おぼつかなさのあまり、ある人、さし寄りて、そのゆゑを問ふ。女の言ふやう、

「われは、故僧正御房の御あはれみを蒙(かうぶ)りたる身にて侍るなり。隠し申すべきことにあらず。わが身、昔捨子にて、河原に侍りけるを、故御房の御歩(あり)きのついでに御覧じつけて、あはれみ給ひて、なにがしといひし大童子に仰せ付けられて、養ひ給ひしあひだ、ひとへに御いとほしみにて人となり侍るを、十三と申せし年、この養ひ親、夫妻ともに、同じ時に悪しき病をして、失せ侍りにしかば、思ふ方なくて、かれが親しき者のもとへ尋ねまかりて、おのづから迷ひ侍りしほどに、さるべきにや侍りけん、思ひかけぬゆかりにて、一年(ひととせ)后(きさい)の宮の御半者(おんはしたもの)に参りて侍るなり。

たかき御影に隠れて侍れば、わびしきことも侍らねど、父母、世にや侍らむ、知り給はず。養ひ立てたりし親は、跡なくなりにき。ただひとりうどにて、心細く、あはれなる身のありさまを思ふにも、またありがたく侍るなり。『人の身の、はかなくてやみぬべかりけること』と思ひつづけ侍るにも、とにかくに故僧正御房の御あはれみのかたじけなさ、片時(かたとき)忘るるひまも侍らず。朝ごとに鏡の影を見ても、『誰ゆゑ人となる身を』と思ふ折節、装束を給ひ、身にとりて面目あるやうなる折にも、いつも2)御方に迎へて、涙を落しつつ、ことにふれて、あはれに報じがたくなむ思ひ侍りし。

されども、あやしくかたがた便りあやしきさまなれば、申しひらく方も侍ず。すべて、無縁の御あはれみより発(おこ)りしことを悦び申さんにつけても、さすがに侍り。『あはれ、わが身、男ならましかば、いかなる様にても、御あたりにこそはつかうまつらまし』と、かひなき女の身を恨みて、むなしく過ぎ侍りしかど、世におはしまししほどは、何となく頼もしく侍りき。をのづから、宮仕へせし時より、よそながら拝み奉れば、いみじき悦びをしたるやうに思えて、それになぐさみつつまかり過ぎしを、『かくれ3)給へり』と承りしかば、世の中かきくらせる心地して、『かくして、ながらふべし』とも思え侍らず。

『今日、御はて』と承りつれば、『また、いつかはこれほどに御名残を承らん。今は今日にこそ』と思ひて、宮仕へさしあふ日にて侍りつれど、障りを申してなむ、朝よりこの御あたりにたたずみ侍る。今わざ終りてまかり出づるに、すべて涙にくれて、帰るべき道も思え侍らず」と言ひもやらず、よよと泣く。

これを聞く人、あやしみて、「追ひ出ださん」と言ひつる者まで、涙を流してあはれみけり。

もろもろのこと、めづらしく耳近きを先とする習ひなれば、何わざにつけても、さしあたりてきはやかなる恩など蒙(かうぶ)れるをこそ悦ぶめれ。かやうにおほぞらなることを忘れず、心にかくることは、いとありがたかるべし。誰々も、思ひ知る人も、年月積りゆけば、すなはちのやうにやはある。

されば、かの、村上の御門4)の御服(ごふく)を着て、一期つひに脱がでやみけんこと5)などをば、あはれにありがたきためしにこそは言ひ伝へ侍りぬれ。しかあるを、はかなき女の心に、さしも尽きせず思ひしめたりけん情の深さ、なほたぐひなくぞ侍る。

翻刻

  后宮半者悲一乗寺僧正入滅事
一乗寺ノ僧正カクレ給テ後。ソノハテノ事シケル日。朝
ヨリ若キ女房ノツボ装束シタルガ涙オサヘツツ向ワタリ
ニタタズム有ケリ。人々アヤシウ思テ事マギルル日ナレバ/n6l
ワザト尋問人ナシ。ステニ仏事ハジマリテ後。此女房
人ニマジリテ聴聞ス。初メヨリ終リマデ泣事ヲコタラ
ズ。其ケシキヨノツネノ事ニ非ス。目タタシキ程ニ見ヘケ
レバ。或人此女房ノサマコソ心得ネ。カヤウニ集リ見ユル
ヲ若アシサマニトリナス人モアラバ。無御カゲニモ見苦
カリヌベシ。イサ追出サントイフ。又或ハヤウコソハ有ラメ。イ
カカ説法ノ時泣トテ追出スベキ情ナクアラン。其ユヘ
ヲ問ベキナドヤスカラズ云シラフ程ニ。事オハリヌ聴
聞ノ人ドモヤウヤウ行ケルニモ此女房イトト泣マサリテ。
急キ出ントモセズ。カヘリ見ガチニテ立ワヅラフヲ見レバ/n7r
年廿計也カタチナドモ最キヨゲナルヲ。ケシヤウ
ハ皆涙ニアラハレテ。浅カラズ思入タル様ナリ覚束
ナサノ余アル人サシヨリテ其故ヲトフ。女ノ云様ワ
レハ故僧正御房ノ御アハレミヲ蒙タル身ニテ侍ナリ。
カクシ申ベキ事ニアラズ。我身ムカシ捨子ニテ河原
ニ侍リケルヲ。故御房ノ御アリキノ次ニ御覧シツ
ケテ哀ミ給テナニガシト云シ大童子ニ仰付ラレテ
養ヒ給ヒシ間。ヒトヘニ御イトヲシミニテ人トナリ侍ヲ。
十三ト申セシ年。此ヤシナヒ親夫妻トモニ同時ニア
シキ病ヲシテ失侍ニシカバ思フ方ナクテ。カレカシタ/n7l
シキ者ノモトヘ尋罷テヲノヅカラ迷ヒ侍シ程ニ。サル
ベキニヤ侍リケン。思カケヌユカリニテ。一年キサイノ
宮ノ御半者ニマイリテ侍ルナリ。タカキ御影ニカクレ
テ侍バ侘シキ事モ侍ラネド。父母世ニヤ侍ラムシ
リ給ハス養ヒ立タリシ親ハ跡ナクナリニキ。只ヒトリ
ウドニテ心ボソク哀ナル身ノ有様ヲ思ニモ又アリ
ガタク侍ルナリ。人ノ身ノハカナクテヤミヌベカリケ
ル事ト思ツツケ侍ルニモ。トニカクニ故僧正御房ノ
御哀ミノ忝ナサ片時忘ルル隙モ侍ラス。朝ゴトニ鏡
ノ影ヲ見テモ誰ユヘ人トナル身ヲト思フ折節装/n8r
束ヲ給ヒ身ニトリテ面目アルヤウナル折ニモ。イツ
御方ニ迎テ涙ヲ落シツツ事ニフレテアハレニ報ジ
ガタクナム思侍シ。サレ共アヤシク旁々便アヤシ
キサマナレバ申披方モ侍ス。スベテ無縁ノ御アハレミ
ヨリ発シ事ヲ悦ヒ申サンニツケテモ。サスガニ侍リ。
アハレ我身男ナラマシカバ。イカナル様ニテモ御アタ
リニコソハ仕フマツラマシト。カヒナキ女ノ身ヲ恨テム
ナシク過侍シカト世ニヲハシマシシ程ハ何トナクタノ
モシク侍キ。ヲノヅカラ宮仕セシ時ヨリ。ヨソナガラ拝
ミ奉レバイミジキ悦ヲシタル様ニ覚ヘテ其ニナグサ/n8l
ミツツ罷過シヲカクシ給ヘリト承シカハ。世中カキク
ラセル心地シテ。カクシテ存フベシトモ覚エ侍ラス。
今日御ハテト承ツレバ。又イツカハ是程ニ御名残ヲ
承ラン。今ハケフニコソト思テ宮仕サシアフ日ニテ侍
ツレド。サハリヲ申テナム朝ヨリ此御アタリニタタズミ
侍。今事ヲハリテ罷出ルニ。スベテ涙ニクレテ帰ルベキ
道モ覚ヘ侍ズト云ヒモヤラズヨヨト泣。コレヲ聞人ア
ヤシミテ追出ント云ツル者マデ涙ヲナガシテ哀ミ
ケリ。モロモロノ事メヅラシク耳近キヲ先トスル習ナレ
バ何ワザニツケテモ。サシアタリテキハヤカナル恩ナド/n9r
蒙フレルヲコソ悦ブメレ。カ様ニヲホゾラナル事ヲ忘
ス心ニカクル事ハ最有難カルベシ誰々モ思シル人モ
年月積リユケバ則ノ様ニヤハアル。サレバ彼村上御門
ノ御服ヲキテ一期ツヰニヌガテヤミケン事ナドヲ
バ哀ニアリガタキタメシニコソハ云ヒ伝ヘ侍リヌレ。シカ
アルヲハカナキ女ノ心ニサシモ尽セズ思シメタリケン
情ノフカサ猶タグヒナクゾ侍/n9l
1)
増誉
2)
「いつも」は、底本「も」なし。諸本により補入。
3)
「かくれ」は底本「カクシ」。諸本により訂正。
4)
村上天皇
text/hosshinju/h_hosshinju6-02.txt · 最終更新: 2017/06/18 18:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa