Recent changes RSS feed

発心集

第五第13話(60) 貧男、差図を好む事

校訂本文

近き世のことにや、年はたかくて、貧しくわりなき男ありけり。司(つかさ)などあるものなりけれど、出でつかふるたつきもなし。さすがに古めかしき心にて、あやしき振舞ひなどは思ひよらず、世執(せいしふ)なきにもあらねば、また、「頭(かしら)おろさん」と思ふ心もなかりけり。常には居所もなくて、古き堂の破れたるにぞやどりたりける。

つくづくと年月送る間に、朝夕するわざとては、人に紙反故(ほんぐ)など乞ひ集め、いくらも差図(さしづ)を描きて、家作るべきあらましをす。「寝殿はしかじか。門は何(なに)か」となど、これを思ひはからひつつ、尽きせぬあらましに心をなぐさめて過ぎければ、見聞く人は、いみじきことのためしになん言ひける。

まことにあるまじきことをたくみたるは、はかなけれど、よくよく思へば、この世の楽しみには、心をなぐさむるにしかず。一二町を作り満てたる家とても、これを「いし」と思ひならはせる人目こそあれ、まことには、わが身の起き臥す所は一二間に過ぎず。そのほかは、みな、親しき疎き人の居所のため、もしは、野山に住むべき牛馬の料をさへ作りおくにはあらずや。

かくよしなきことに身を煩はし、心を苦しめて、百千年あらんために、材木を選び、檜皮・瓦を玉・鏡と磨きたてて、何のせんかはある。主(ぬし)の命あだなれば、住むこと久しからず。あるいは他人の栖(すみか)となり、あるいは風に破れ、雨に朽ちぬ。いはんや、一度火事出で来ぬる時、年月の営み、片時の間に雲煙となりぬるをや。

しかあるを、かの男があらましの家は、走(わし)り求め、作り磨く煩ひもなし。雨風にも破れず、火災の恐れもなし。なす所はわづかに一紙なれど、心をやどすに不足なし。

龍樹菩薩、のたまひけることあり、「富めりといへども、願ふ心やまねば、貧しき人とす。貧しけれども、求むることなければ、富めりとす」と侍り。書写の聖1)、書きとめたる言葉に、「臂をかがめて枕とす。楽しみ、その中にあり、何によりて、さらに浮雲の栄耀を求めん」と侍り。また、あるものには、「唐に一人の琴の師あり。緒なき琴を間近かく置きて、しばしも傍(かたはら)を放たず。人、怪しみて、ゆゑを問ひければ、『われ、琴を見るに、その曲心に浮べり。そのゆゑに、同じけれども、心をなぐさむることは、弾(だん)ずるに異ならず」となん言ひける。

かかれば、なかなか目の前に作り営む人は、よそ目こそ、「あな、ゆゆし」と見ゆれど、心には、なほ足らぬこと多からん。かの面影栖(おもかげすみか)、ことにふれて徳多かるべし。

ただし、このこと、世間の営みに並ぶる時は、かしこげなれど、よく思ひとくには、天上の楽しみ、なほ終りあり。壺の内の栖、いと心ならず。いはんや、よしなくあらましに、むなしく一期を尽さんよりも、願はば必ず得つべき、安養世界2)の快楽、不退なる宮殿(くうでん)・楼閣(ろうかく)を望めかし。

はかなかりける希望(けまう)なるべし。

翻刻

  貧男好差図事
近世ノ事ニヤ年ハタカクテ貧クワリナキ男有ケリ。
司ナトアルモノナリケレド出ツカフルタツキモナシ
サスガニフルメカシキ心ニテ奇キフルマヒナドハ思ヨラ
ズ。世執ナキニモアラネバ。又カシラヲロサント思フ心モナ
カリケリ。常ニハ居所モ無テ古堂ノヤブレタルニゾ舎リ
タリケル。ツクツクト年月ヲクル間ニ朝夕スルワザトテハ
人ニ紙ホンクナト乞アツメ。イクラモ差図ヲカキテ家
作ルベキアラマシヲス寝殿ハシカシカ。門ハナニカトナド
是ヲ思ハカラヒツツ尽セヌ荒増ニ心ヲナクサメテ過/n27r
ケレハ見聞人ハイミジキ事ノタメシニナン云ケル。誠ニ
有マジキ事ヲタクミタルハ。ハカナケレド能々思ヘバ
此世ノ楽ミニハ心ヲナクサムルニシカズ。一二町ヲ作リ
ミテタル家トテモ是ヲヰシト思ヒナラハセル。人メコ
ソアレ誠ニハ我身ノヲキフス所ハ一二間ニ過ズソノ
外ハ皆シタシキウトキ人ノ居所ノ為。モシハ野山ニス
ムベキ牛馬ノレウヲサヘ作リヲクニハアラズヤカクヨ
シナキ事ニ身ヲワヅラハシ。心ヲクルシメテ百千年
アランタメニ。材木ヲヱラヒ檜皮カハラヲ玉鏡トミガ
キ立テ何ノセンカハ有。ヌシノ命アタナレハ住事ヒ/n28r
サシカラス或ハ他人ノ栖トナリ或ハ風ニヤブレ雨ニ朽ヌ
況ヤ一度火事出キヌル時年月ノイトナミ片時ノ
間ニ雲烟トナリヌルヲヤ。シカアルヲ彼男カ有増ノ
家ハ走リモトメ作リミガク煩モナシ。雨風ニモ不破
火災ノ恐モナシ。ナス所ハワツカニ一紙ナレド心ヲヤ
ドスニ不足ナシ。龍樹菩薩ノ給ヒケル事アリ冨トイヘ
ドモ願フ心ヤマネバ貧キ人トス。貧シケレドモ求ル事
ナケレバ冨リトスト侍リ。書写ノ聖カキトメタル辞ニ
臂ヲカカメテ枕トス楽ミ其中ニアリ何ニヨリテ更ニ
浮雲ノ栄耀ヲモトメント侍ベリ。又或物ニハ唐ニ一人ノ/n28l
琴ノ師有緒ナキ琴ヲマヂカク置テシバシモ傍ヲ不
放。人アヤシミテ故ヲ問ケレバワレ琴ヲミルニソノ曲心
ニウカヘリ。其ユヘニヲナジケレトモ心ヲナグサムル事ハ
弾スルニ異ナラズトナン云ヒケル。カカレハ中々目ノ前
ニツクリイトナム人ハ。ヨソ目コソアナユユシト見ユレド
心ニハ猶タラヌ事ヲホカラン。彼面影栖コトニフレテ徳
オホカルベシ。但シ此事世間ノイトナミニナラブル時ハ。カ
シコゲナレド能思ヒトクニハ天上ノ楽ナヲ終アリツ
ホノウチノスミカ。イト心ナラズ況ヤヨシナク有増ニ
ムナシク一期ヲツクサンヨリモネガハハ必ス得ツベキ/n29r
安養世界ノ快楽不退ナル宮殿楼閣ヲ望メカシ。ハカ
ナカリケル希望ナルベシ/n29l
1)
性空
2)
極楽浄土
text/hosshinju/h_hosshinju5-13.txt · 最終更新: 2017/06/15 02:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa