Recent changes RSS feed

発心集

第五第11話(58) 目上人、法成寺供養に参り、堅固道心の事

校訂本文

河内国に、目聖(もくしやう)とて、貴き人ありけり。

御堂入道殿1)、法成寺作り給ひて、御供養ありける日、参りて拝みけるに、事の儀式、仏前の飾り、まことに心も及ばず。

宇治殿2)、その時の関白にて、こと行ひておはします。座に肩ならぶべき人 もなく、めでたく見えければ、「人界に生まるとならば、一の人こそいみじかりけれ」と、ほどほどののしる。

百司、雲霞のごとく囲繞(ゐねう)し、乱声(らんしやう)ののしりて、至り給ふ時、「いみじ」と思える関白、ものならず思えて、さきの思をあらためて、「いかにも国王にはしかざりけり」と見る間に、金堂に入らせ給ひて、仏を拝み奉り給ひける時なむ、「なほし、仏ぞ上もなくおはしましける」と思えて、いとど道心を固めたりける。

かの妙荘厳王のたぐひにことならず。いと賢き思ひはかりなるべし。

翻刻

  目上人参法成寺供養堅固道心事
河内国ニ目聖トテ。タウトキ人有ケリ。御堂入道殿法
成寺ツクリ給テ。御供養アリケル日参テ拝ミケルニ。
事ノ儀式仏前ノカザリ誠ニ心モ及バス。宇治殿其時/n23r
ノ関白ニテ事ヲコナヒテオハシマス座ニ肩ナラブベキ人
モナク目出度ミヱケレバ。人界ニ生ルトナラハ。一ノ人コ
ソイミジカリケレト。ホドホドノノシル百司雲霞ノ如ク
ヰネウシ。乱声ノノシリテ至リ給フ時。イミジト覚ヘ
ル関白モノナラズ覚ヘテ。サキノ思ヲアラタメテ。イカニ
モ国王ニハシカザリケリトミル間ニ。金堂ニイラセ給
ヒテ仏ヲ拝ミ奉リ給ケル時ナム猶シ仏ゾ上モナク
オハシマシケルト覚ヘテ。イトド道心ヲカタメタリケル。
彼妙荘厳王ノタグヒニコトナラズ。イト賢キ思ヒハカ
リナルベシ/n23l
1)
藤原道長
2)
藤原頼通
text/hosshinju/h_hosshinju5-11.txt · 最終更新: 2017/06/14 02:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa