ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:hosshinju:h_hosshinju5-09

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:hosshinju:h_hosshinju5-09 [2017/06/13 19:30]
Satoshi Nakagawa 作成
text:hosshinju:h_hosshinju5-09 [2017/06/13 23:20] (現在)
Satoshi Nakagawa [翻刻]
ライン 27: ライン 27:
  
     成信重家同時出家事     成信重家同時出家事
-  兵部卿致平親王御子成信中将堀川右大臣 +  兵部卿致平親王御子成信中将堀川右大臣 
-  ​にて重家少将ときこえける人時にとりにと/n19r+  ​ニテ重家少将トキコエケル人時ニトリニト/n19r
  
-  ​りて。類なき若人なりければてる中将。ひかる少将。とて +  ​リテ。類ナキ若人ナリケレバテル中将。ヒカル少将。トテ 
-  同しさまにそいはれひける。此二人をなじ発 +  同シサマニソイハレヒケル。此二人ヲナジ発 
-  ​してかんをいひ。心さしはなれと +  ​シテカンヲイヒ。心サシハナレト 
-  発心のをこりはなりけり。少将のおもく +  発心ノヲコリハナリケリ。少将ノオモク 
-  ​わづらひひけるにそのかげにかくれたるある +  ​ワヅラヒヒケルニソノカゲニカクレタルアル 
-  ​さまをうけとりふべきゆかりののけしき +  ​サマヲウケトリフベキユカリノノケシキ 
-  ​などを見給ひけるにをしむもそねむもうきなり +  ​ナドヲ見給ヒケルニヲシムモソネムモウキナリ 
-  ​とおぼしけるよりをのづからいとふとなりにけり。 +  ​トオボシケルヨリヲノヅカライトフトナリニケリ。 
-  中将斉信。公任。俊賢。行成などへていみじかり +  中将斉信。公任。俊賢。行成ナドヘテイミジカリ 
-  ​ける人々陣にてのさだめども折々才覚をはき/n19l+  ​ケル人々陣ニテノサダメドモ折々才覚ヲハキ/n19l
  
-  ​いみじかりけるをたちききて。司位らんと +  ​イミジカリケルヲタチキキテ。司位ラント 
-  思はば。身ぬにこそありけれ。此人々にはいかにも +  思ハバ。身ヌニコソアリケレ。此人々ニハイカニモ 
-  及ふべくもあらずさててはにかはせん彼世 +  及フベクモアラズサテテハニカハセン彼世 
-  願ふべかりけりととりける也此二人その +  願フベカリケリトトリケル也此二人ソノ 
-  定めて三井寺慶祚阿闍梨のもとへあはんと契 +  定メテ三井寺慶祚阿闍梨ノモトヘアハント契 
-  給へり。重家おそくへければ。夜るまで +  給ヘリ。重家オソクヘケレバ。夜ルマデ 
-  ​ねてをのづからわづらふのあるなめりと本意 +  ​ネテヲノヅカラワヅラフノアルナメリト本意 
-  ​くおぼしながら。独阿闍梨にいたりてかしらを +  ​クオボシナガラ。独阿闍梨ニイタリテカシラヲ 
-  ​ろさんと阿闍梨あたらしき御様なるのみに +  ​ロサント阿闍梨アタラシキ御様ナルノミニ 
-  名高くをはするのみなればびんなくりなむとていなひ/n20r+  名高クヲハスルノミナレバビンナクリナムトテイナヒ/n20r
  
-  申ければ白地立出にてみづからをきりてか +  申ケレバ白地立出ニテミヅカラヲキリテカ 
-  ​くなむ罷成たるとありける云甲斐なくて +  ​クナム罷成タルトアリケル云甲斐ナクテ 
-  ​こへけるかくて暁帰らんとしひける時。露にそほぬれ +  ​コヘケルカクテ暁帰ラントシヒケル時。露ニソホヌレ 
-  ​つつ重家少将をはしたりいかにふくるまで +  ​ツツ重家少将ヲハシタリイカニフクルマデ 
-  ​てまつりしかと。若ためらひなどのかとて。 +  ​テマツリシカト。若タメラヒナドノカトテ。 
-  ​さきになんりたるとければさやうにへてい +  ​サキニナンリタルトケレバサヤウニヘテイ 
-  ​かでかはをばたがへらんをとどに暇乞奉らでは罪 +  ​カデカハヲバタガヘランヲトドニ暇乞奉ラデハ罪 
-  ​ゑぬべく思給つゐでをはからひしかば。日をたがへし +  ​ヱヌベク思給ツヰデヲハカラヒシカバ。日ヲタガヘシ 
-  ​とて夜部もとゆひをは切侍りとてなむひける +  ​トテ夜部モトユヒヲハ切侍リトテナムヒケル 
-  中将廿三。少将廿五とぞさしもすぐれさるべきだに/n20l+  中将廿三。少将廿五トゾサシモスグレサルベキダニ/n20l
  
-  ​あたらしかるべきをかくにてをやつしひつ +  ​アタラシカルベキヲカクニテヲヤツシヒツ 
-  ​れば阿闍梨なみだをしつつはおしみみけり。此 +  ​レバ阿闍梨ナミダヲシツツハオシミミケリ。此 
-  少将先もとゆひをきりてやはらかぶりをしてくらきま +  少将先モトユヒヲキリテヤハラカブリヲシテクラキマ 
-  ​ぎれに大臣乞給ひければをのづから其気色 +  ​ギレニ大臣乞給ヒケレバヲノヅカラ其気色 
-  ​やあらはれたりけんいかにともとまるべきにも +  ​ヤアラハレタリケンイカニトモトマルベキニモ 
-  ​ざりしかばゑとどめずなりにきとそのひける。又多武 +  ​ザリシカバヱトドメズナリニキトソノヒケル。又多武 
-  峯入道高光少将一条摂政にふれつつあ +  峯入道高光少将一条摂政ニフレツツア 
-  ​やまりくおはしけるを見給ひて。世にあるはがましき +  ​ヤマリクオハシケルヲ見給ヒテ。世ニアルハガマシキ 
-  事にこそとて自是心ひけるとなむ。人のかし +  事ニコソトテ自是心ヒケルトナム。人ノカシ 
-  ​こきにつけても。愚なるにつけてもをねがふたより/n21r+  ​コキニツケテモ。愚ナルニツケテモヲネガフタヨリ/n21r
  
-  ​にけんこそげにあらまほしく/n21l+  ​ニケンコソゲニアラマホシク/n21l
  


text/hosshinju/h_hosshinju5-09.txt · 最終更新: 2017/06/13 23:20 by Satoshi Nakagawa