Recent changes RSS feed

発心集

第五第2話(49) 伊家并びに妾、頓死往生の事

校訂本文

中ごろ、朝夕御門につかうまつる男ありけり。優なる女を語らひて、年ごろ住み渡りけるほどに、心移る方やありけん、宮仕へにことよせて、やうやうかれがれになり行くを、「心の外の絶え間か」と思ふほどに、つひに通はずなりにければ、女、ことに触れつつ、心細く思ひ歎きつつ、年月を送る間に、男、ことのたよりありて、女の門の前を過ぎけり。

そこなる人、見あひて、「ただ今、殿の、御前をこそこれより過ぎ給ひつれ。さすがに、『さる所あり』とは思し出づるめり。物見よりなん、見入れ給ひつる」と語る。これを聞きて、「『聞こゆべきこと侍り。入り給ひなむや』と申せ」と言ふ。「過ぎ給ひぬるものを、やは帰り給はんずる」と言ひながら、走りつきて、この由(よし)を聞こゆ。「あやしく、何事にか」と思えながら、これをさへ聞き過ぐべきならねば、止まりぬ。

門よりさし入りて、見れば、草深く茂りて、ありしにもあらず、荒れたる庭の気色を見るより、何となくあはれ深くなむまさりける。わが身のとが思ひ知られて、いかにぞや、すずろはしき様に思ゆるを、女は今さら心浮きたる気色なし。もとよりかくて居たりける様にて、脇息におしかかりて、法華経を読み給ひつる。

物思ひけるさまながら、少しおもやせたるものから、いと清げに、らうたげなる形(かたち)・姿(すがた)、髪のこぼれかかる様など、もと見し人とも思えず、たぐひなく見ゆるに、「何のものの狂はしにて、この人にものを思はせけん」と、日ごろの心苦しさを思ふにも、いとどあはれ浅からず。心ならぬことのありさまなど、ねんごろに語りける。

女、「もの言はん」と思へる気色ながら、いらへもせねば、経読み果ててと思ふなるべし。いぶせく心得なく待つほどに、「於此命終即往安楽世界阿弥陀仏」といふ所を、繰り返し二度三度読みて、やがて寝入るがごとくにて、居ながら息絶えにけり。

この男の心、いかばかりなりけむ。男とは、なにがしの弁とかや聞きしかど、名は忘れにけ り1)

人を恋ひては、あるいは望夫石と名をとどめ2)、もしはつらさの余りに、悪霊なんどになれるためしも聞こゆ。いかにも罪深き習ひのみこそ侍るに、それを往生の縁(えん)として、思ふやうに終りにけん、いとめでたかりける心なるべし。

あはれ、これをためしにて、この世にも物思ふ人の往生を願ふことにて侍らば、いかに心かしこからん。たとひ、同じ心なる中とても、幾世かはある。楊貴妃はむなしく比翼の契りを残し3)、李夫人はわづかに反魂の煙(けぶり)にのみあらはれたり4)。いはんや、思はぬ人のためには、ことにふれつつ、あはれも知らんことわりもなし。思ひあまりぬる時。富士の嶺(ね)を引きかけ、海士の袖とかこちて、ねんごろに心の底をあらはせど、何のかひかはある。一人胸をこがし、袖をしぼるほどは、いみじくあぢきなくなむ侍り。いかにいはんや、この世一つにてやむべきことにてもあらず。その報ひむなしからねば、来世にはまた、人の心をつ尽さすべし。

かくのごとく、世々生々、互ひにきはまりなくして、生死のきづなとならんことの、いと罪深く侍るなり。このたび、思ひ切りて、極楽に生れなば、憂きもつらきも寝ぬる夜の夢に異らじ。立ち帰り、善知識と悟りて、かれを導かんことこそ、あらまほしく侍れ。もし、浄土にて、なほ尽きがたきほどの恨みならば、その時言ひ向へをもせよかし。

翻刻

  伊家并妾頓死往生事
中来朝夕御門ニツカフマツル男アリケリ優ナル女ヲ/n6l
カタラヒテ年来スミワタリケル程ニ。心ウツル方ヤ有ケン。
ミヤヅカヘニ事ヨセテ。ヤウヤウカレガレニ成ユクヲ。心ノ外ノ
タヘ間カト思フホドニ終ニカヨハス成ニケレバ女コトニフ
レツツ心ボソク思ヒ歎キツツ年月ヲ送ル間ニヲトコ事ノ
タヨリ有テ女ノ門ノ前ヲスギケリ。ソコナル人見アヒテ
只今殿ノ御前ヲコソ自是スキ給ツレ。サスガニサル所ア
リトハオボシ出ツルメリ。物見ヨリナン見イレ給ヒツルトカ
タル。是ヲキキテ。キコユベキ事侍リ入タマヒナムヤト申セ
ドイフ。過タマヒヌル物ヲヤハ帰リ給ハンズルト云ナガラ
走ツキテ此由ヲキコユアヤシク何事ニカト覚ヘナカラ/n7r
是ヲサヘキキ過ベキナラネハトマリヌ。門ヨリサシ入テ
見レバ草フカクシゲリテ。有シニモ非スアレタル庭ノケ
シキヲ見ヨリ。何ト無ク哀レ深クナムマサリケル。我
身ノトガ思ヒシラレテイカニゾヤ。ススロハシキ様ニオ
ボユルヲ女ハ今更心ウキタルケシキナシ。モトヨリカ
クテヰタリケル様ニテ脇足ニヲシカカリテ法華経
ヲヨミ給ヒツル。物思ヒケル様ナガラ少シオモヤセタル
モノカラ。イト清ゲニラウタゲナル形スガタ髪ノコボレ
カカル様ナド。モト見シ人トモ不覚無類ミユルニナニノ
モノノクルハシニテ。此人ニ物ヲ思ハセケント日来ノ心グ/n7l
ルシサヲ思ニモ。イトト哀レ不浅。心ナラヌ事ノアリサマ
ナド懇ニカタリケル。女モノイハント思ヘルケシキナガ
ラ。イラヘモセネバ経ヨミハテテト思ナルヘシ。イフセク心
エ無マツホトニ。於此命終即往安楽世界阿弥陀仏
ト云所ヲクリカヘシ二度三度ヨミテ。ヤガテネイルカ如
クニテ居ナガライキ絶ニケリ。此男ノ心イカバカリナリ
ケム男トハナニガシノ辧トカヤ聞シカド名ハワスレニケ
リ。人ヲ恋テハ或ハ望夫石ト名ヲトドメ。モシハツラサノ余
リニ悪霊ナンドニナレルタメシモ聞ユ。イカニモ罪深キ
習ノミコソ侍ニ。ソレヲ往生ノ縁トシテ思フ様ニヲハリ/n8r
ニケン。イトメデタカリケル心ナルベシ。哀レ是ヲタメシニ
テ此世ニモ物思フ人ノ往生ヲ願事ニテ侍ラバ。イカニ
心カシコカラン。タトヒ同シ心ナル中トテモ幾世カハアル
楊貴妃ハムナシク比翼ノ契ヲノコシ。李夫人ハワヅカニ反
魂ノケフリニノミアラハレタリ。況ヤ思ハヌ人ノ為ニハ。コトニ
フレツツ哀モシランコトハリモナシ。思ヒアマリヌル時。富士
ノネヲヒキカケ。海士ノ袖トカコチテ念比ニ心ノ底ヲア
ラハセド何ノカヒカハアル。独ムネヲコガシ袖ヲシボル程ハ
イミジクアチキナクナム侍リ。何況ヤ此世ヒトツニテヤ
ムベキ事ニテモ非ス。其ムクヒ空シカラネバ来世ニハ又/n8l
人ノ心ヲツクサスベシ。如此世々生々タガヒニキハマリ無シテ
生死ノキヅナトナラン事ノイト罪深ク侍ルナリ。此度
思キリテ極楽ニ生レナバ。ウキモツラキモネヌル夜ノ夢
ニコトナラジ。立帰リ善知識トサトリテカレヲ道引ン
事コソアラマホシク侍レ若浄土ニテ猶ツキガタキ程ノウ
ラミナラバ。其時イヒムカヘヲモセヨカシ/n9r
1)
標題では伊家(藤原伊家)。なお、『今昔物語集』31-7では、藤原師家となっている。
text/hosshinju/h_hosshinju5-02.txt · 最終更新: 2017/05/30 20:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa