ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:hosshinju:h_hosshinju4-05

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:hosshinju:h_hosshinju4-05 [2017/05/20 20:56]
Satoshi Nakagawa [翻刻]
text:hosshinju:h_hosshinju4-05 [2018/11/18 15:13] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 10: ライン 10:
 さてしも、あるべきならねば、とばかりありて、妻にこのことを告ぐ。すなはち、驚きまどひ、をびたたしく手をたたきて、眼をいからかし、もだへ迷ひて絶え入りぬ。 さてしも、あるべきならねば、とばかりありて、妻にこのことを告ぐ。すなはち、驚きまどひ、をびたたしく手をたたきて、眼をいからかし、もだへ迷ひて絶え入りぬ。
  
-人おぢて、近付きも寄らざりける間に、一時ばかりありて、世に恐ろしう、声のある限りをめき叫びて言ふやう、「われ、狗留孫仏の時より、こやつが菩提を妨げんために、世々生々(せぜしやうじやう)に妻となり、男となり、さまざま親しみたばかりて、今まで本意(ほい)のごとく随ひ付きもたりつるを、今日すでに逃がしつる。ねたきわざかな」と言ひて、歯をくひしばり、垣壁(かきかべ)を叩く。人、いとど恐れをののきて、みな這ひ隠れたる間に、いづちともなく失せにけり。その後、つひに行方(ゆくかた)知らずとなん。往生伝((『拾遺往生伝』))には、「康平の比」と註せり。+人おぢて、近付きも寄らざりける間に、一時ばかりありて、世に恐ろしう、声のある限りをめき叫びて言ふやう、「われ、拘留孫仏((「拘留孫仏」は底本「狗留孫仏」。文意により訂正。))の時より、こやつが菩提を妨げんために、世々生々(せぜしやうじやう)に妻となり、男となり、さまざま親しみたばかりて、今まで本意(ほい)のごとく随ひ付きもたりつるを、今日すでに逃がしつる。ねたきわざかな」と言ひて、歯をくひしばり、垣壁(かきかべ)を叩く。人、いとど恐れをののきて、みな這ひ隠れたる間に、いづちともなく失せにけり。その後、つひに行方(ゆくかた)知らずとなん。往生伝((『拾遺往生伝』))には、「康平の比」と註せり。
  
 これ、一人が上にあらず。悪魔の、さりがたき人となりて、二世を妨ぐることは、誰も必ずあるべきことなり。かかれば((底本「カレハ」。文意によって訂正。))、このことを心にかけつつ、親しき疎(うと)き分かず、善をすすむる人あらば、「仏菩薩こそ、さまざま形を変じて、人を化度し給へ。まし化身か、もしまた、その便りか」とむつましく思ひ、罪を作らせ、功徳を妨げて、執(しふ)を留めん人をば、世々生々の悪縁と恐れて、遠ざからんことを願ふべし。 これ、一人が上にあらず。悪魔の、さりがたき人となりて、二世を妨ぐることは、誰も必ずあるべきことなり。かかれば((底本「カレハ」。文意によって訂正。))、このことを心にかけつつ、親しき疎(うと)き分かず、善をすすむる人あらば、「仏菩薩こそ、さまざま形を変じて、人を化度し給へ。まし化身か、もしまた、その便りか」とむつましく思ひ、罪を作らせ、功徳を妨げて、執(しふ)を留めん人をば、世々生々の悪縁と恐れて、遠ざからんことを願ふべし。


text/hosshinju/h_hosshinju4-05.txt · 最終更新: 2018/11/18 15:13 by Satoshi Nakagawa