Recent changes RSS feed

発心集

第四第4話(41) 叡実、路頭の病者を憐む事

校訂本文

山に、叡実阿闍梨といひて、貴き人ありけり1)

御門2)の御悩み、重くおはしましけるころ、召しければ、たびたび辞し申しけれど、重ねたる仰せ、否(いな)み3)がたくて、なまじひにまかりける道に、あやしげなる病人の、足手もかなはずして、ある所の築地(つひぢ)のつらにひらがり伏せるありけり。

阿闍梨、これを見て、悲しみの涙を流しつつ、車より降りて、あはれみとぶらふ。畳、求めて敷かせ、上に仮屋さし覆ひ、食ひ物求めあつかふほどに、やや久しくなりにけり。

勅使、「日暮れぬべし。いといと便なきことなり」と言ひければ、「参るまじき。かく、その由(よし)を申せ」と云ふ。御使、驚きて、ゆゑを問ふ。阿闍梨、いふやう「世を厭ひて、心を仏道に任せしより、御門の御こととても、あながちに貴(たつと)からず。かかる非人とても、また愚かならず。ただ、同じやうに思ゆるなり。それにとりて、君の御祈りのため、験(しるし)あらん僧を召さんには、山々寺々に多かる人、誰かは参らざらん。さらにこと欠くまじ。この病者にいたりては、厭ひ汚なむ人のみありて、近付きあつかふ人はあるべからず。もし、われ捨てて去りなば、ほとほと寿(いのち)も尽きぬべし」とて、彼をのみ、あはれみ助くる間に、つひに参らずなりにければ、時の人、ありがたきことになん言ひける。

この阿闍梨、終りに往生をとげたり。くはしく伝4)にあり。

翻刻

  叡実憐路頭病者事
山ニ叡実阿闍梨ト云テ貴キ人有ナリ御門ノ御ナ
ヤミ重クヲハシマシケル比召ケレバ度々辞シ申ケレド。
カサネタル仰セイナモカタクテ。ナマシヰニ罷ケル
道ニ。アヤシゲナル病人ノ足テモ叶ハズシテ或所ノ築
地ノツラニ。ヒラガリ伏セル有ケリ。阿闍梨是ヲ見テ
悲ノ涙ヲ流ツツ車ヨリヲリテ哀ミ訪フ。タタミ求テシ
カセ。上ニカリヤサシヲホヒ。クヰ物求アツカフ程ニ良/n10r
久クナリニケリ勅使日暮ヌベシ。イトイトヒンナキ事也
ト云ケレバ参ルマジキカクソノ由ヲ申セト云フ。御使
驚テユヘヲ問フ。阿闍梨云ヤウ。世ヲ厭テ心ヲ仏道
ニ任セシヨリ御門ノ御事トテモアナガチニタツトカ
ラス。カカル非人トテモ又愚カナラズ。只同シヤウニ覚ユ
ル也。ソレニトリテ君ノ御祈ノタメ。シルシアラン僧ヲメ
サンニハ山々寺々ニ大カル人誰カハマイラザラン。更ニ
事カクマジ。此病者ニ至リテハ。イトヒキタナム人ノミ
アリテ。近ツキアツカフ人ハアルベカラス。若我ステテサ
リナバ。ホトホト寿モツキヌベシトテ彼ヲノミ哀ミタス/n10l
クル間ニツヰニ参ラズナリニケレバ。時ノ人アリガタキ
事ニナン云ケル。此阿闍梨ヲハリニ往生ヲトゲタリク
ハシク伝ニアリ/n11r
1)
「ありけり」は底本「有ナリ」。諸本により訂正
2)
円融天皇
3)
「否み」は底本「イナモ」。諸本により訂正。
4)
『続本朝往生伝』を指す。
text/hosshinju/h_hosshinju4-04.txt · 最終更新: 2017/05/16 18:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa