Recent changes RSS feed

発心集

第三第11話(36) 親輔養児、往生の事

校訂本文

中ごろ、壱岐前司親輔といふ人、取子(とりこ)をして、幼くより、はぐくみ養ひけり。

この児、三つといひける年、数珠(ずず)を持ちて遊びとして、さらに異物(こともの)にふけらず。父母、これを愛して、紫檀の数珠を取らせたりければ、阿弥陀仏をことぐさに申し居たり。母、聞きて、いさめけれど、なほこのことを留めず。

六つといふ年、重き病を受けて、日ごろ経て後、床(ゆか)に伏しながら、手遊びにせし念珠(ねんじゆ)の傍らにありけるを見て、「わが数珠の上に、塵(ちり)のゐにける」と言ひて、深く歎きたる気色なり。これを聞く人、涙を落して、あはれみあへり。

すなはち、父母にあふて、「身のけがらはしく思ゆるに、湯を浴みばや」と言ふ。病重きほどなれば、さらに許さず。その後、人に助けられて、西に向ひつつ、起き居て、音(こゑ)をあげて、

  聞妙法華経 提婆達多品 浄心信敬 不生疑惑者 不堕地獄

と言ふより、

  若在仏前 蓮花化生

と言ふまて誦(じゆ)す。

その声、ことに妙(たへ)なり。幼き者なれは、日ごろ人の教ふることなし。みな、驚きあはれぶ。声いまだやまぬほどに、眼(まなこ)をうけて息絶えにければ、父母泣き悲しむことかぎりなし。

日ごろ経て後、母、昼うたた寝したる時、夢ともなく、うつつともなく、この児を見る。形ことにめでたく、清らかにてありける。母に向ひて、「わが形をば、よく見るや」と言ふ。母、「よく見る」と言ふ。児、誦して、

  即往南方 無垢世界 坐宝蓮花 成等正覚

この文を読み終りて、すなはち失せにけりとぞ。このことは、嘉承二年1)のころなり。

翻刻

  親輔養児往生事
中比壱岐前司親輔ト云人取子ヲシテヲサナクヨリ
ハグクミ養ケリ。此児三ト云ケル年。ズズヲ持テアソヒト/n22l
シテ更ニコト物ニフケラズ父母コレヲ愛シテ紫檀ノズズ
ヲ取セタリケレバ阿弥陀仏ヲコトクサニ申ヰタリ。母
キキテ。イサメケレドナヲ此事ヲ留メズ。六ト云年オモ
キ病ヲウケテ日比ヘテ後。床ニ伏ナガラ手遊ニセシ
念珠ノ傍ニアリケルヲ見テ。我ススノ上ニチリノヰニケ
ルト云テ深クナケキタル気色ナリ。是ヲ聞人涙ヲ
落シテ哀ミアヘリ。即父母ニ合テ身ノケカラハシク覚
ユルニ湯ヲアミハヤト云。病重キホドナレバ更ニユルサズ其
後人ニ助ラレテ西ニ向ツツ起居テ音ヲアゲテ
聞妙法華経 提婆達多品 浄心信敬 不生疑惑者/n23r
不堕地獄ト云ヨリ若在仏前 蓮花化生ト云マテ誦ス
ソノ声コトニタヱナリ。ヲサナキ者ナレハ日比人ノヲシフル
事ナシ。ミナ驚キアハレフ声未タヤマヌホドニ眼ヲウケ
テイキ絶ニケレハ父母ナキ悲ム事限ナシ。日比ヘテ後
母ヒルウタタネシタル時夢トモナクウツツトモナク此
児ヲ見ル形コトニ目出クキヨラカニテアリケル母ニ向
テ我形ヲハヨク見ルヤト云。母ヨク見ルト云児誦シテ
即往南方 無垢世界 坐宝蓮花 成等正覚
此文ヲヨミ終リテ即ウセニケリトゾ此事ハ喜承二年比也/n23l
1)
底本「喜承」。諸本により訂正。
text/hosshinju/h_hosshinju3-11.txt · 最終更新: 2017/05/09 01:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa