Recent changes RSS feed

発心集

第三第9話(34) 樵夫、独覚の事

校訂本文

近きころ、近江国に、池田といふ所に、いやしき男ありけり。おのが身は年たけて、若き子をなん持ちたりける。二人、相具して、なすべきことありき。

奥山へ入りたりけるに、やや久しく休み居たり。ころは十月の末にやありけん、木枯らしすさまじく吹きて、木々の木の葉、雨のごとく乱れける。父、これを見て言ふやう、「なんぢ、この木の葉の散るを見るや。これを静かに思つづくれば、わが身のありさまにいささかも変らぬなり。そのゆゑは、春はみるみると若葉さし初めたりと見しほどに、やうやう繁りて、夏はみな盛になりにき。八月ばかりより、青き色、黄に改めて、後には紅(くれなゐ)深くこがれつつ、今少し風吹けば、もろく散る。落ちてはつひに朽ちなんとす。わが身もまたこれに同じ。十歳ばかりの時、たとへば春の若葉なり。二三十にて盛りなりし時は、夏の梢(こずゑ)影繁りて、心地良げなりしころに似たり。今、六十に余り、黒髪やや白く、皺たたみ、肌へ変り行く。すなはち、秋の色づくに異ならず。いまだ嵐に散らずといふばかりなり。それまた、今日明日のことなるべし。かく、あだなる身を知らず、世を過ごさんとて、朝夕いふばかり苦しき目を見て、走りいとなむことこそ、思へばよしなけれ。われは、今は家へも帰るまじ。法師になりて、ここに居て、この木の葉のありさまなんど思ひつづけつつ、のどかに念仏してをらんと思ふ。わ主は年もいまだ若し。末はるかなれば、とく帰りね」と言ふ。

この男の言ふやう、「まことにたがはず。のたまふ所は言はれたれど、庵、一つもなし。田(た)・畠(はたけ)作るべき便りもなし。すべて、雨風の苦しみ、けだものの恐れ、一つとして耐へ忍ぶべき所もあらず。いかにしてか一人は住み給はん。さらば、われも具し奉りて、木の実をも拾ひ、水をも汲みて、いかにもなり給はんやうにこそはならめ。今、齢(よはひ)盛りなりといへども、たとへば夏の木の葉にこそ侍るなれ。つひに紅葉して、散らんこと疑ひなし。いかにいはんや、木の葉は色づきてこそ散るものなれ。人は若くて死ぬるためし多かり。やや、木の葉よりもあだなりといふべし。さらに古郷へ帰るべからず」と言ひければ、あはれに思ひたり。

「さらば、いと嬉しきこと」とて、人もかよはぬ深山(みやま)の中に、少(すこ)しき庵、二つ結びて、それに一人づつ、朝夕念仏して過しける。

むげに近き世のことなれば、みな人知りて侍りとなん。ある人のいはく、「父、すでに往生しおはんぬ。息、今に現存、云々」

翻刻

  樵夫独覚事
近比近江国ニ池田ト云所ニイヤシキ男アリケリヲノガ
身ハ年タケテ若キ子ヲナンモチタリケルフタリ相具シ
テナスヘキ事アリキ。奥山ヘ入タリケルニ良久ヤスミ居タ
リ比ハ十月ノ末ニヤアリケン木枯スサマジク吹テ木々ノ
木葉雨ノ如ク乱ケル。父コレヲ見テ云ヤウ汝此木葉ノ
チルヲ見ルヤ是ヲ静ニ思ツツクレハ。我身ノアリサマニ聊モ
カハラヌナリ。其故ハ春ハミルミルト若葉サシソメタリト見
シ程ニ。ヤウヤウシゲリテ。夏ハミナ盛ニナリニキ。八月バカリ
ヨリ青キ色黄ニ改メテ後ニハ紅フカクコガレツツ。今/n20r
少シ風吹バモロクチル。落テハツヰニ朽ナントス。我身モ又
是ニヲナジ十歳バカリノ時譬ハ春ノ若葉ナリ二三十
ニテ盛ナリシ時ハ夏ノ梢カゲシゲリテ心地ヨゲナリシ
比ニ似タリ。今六十ニアマリ黒カミヤヤ白クシハタタミ。ハダヘ
カハリ行。即秋ノ色ヅクニ異ナラズ。未嵐ニチラズト云ハ
カリ也。ソレ又今日明日ノ事ナルベシ。カクアダナル身ヲ
不知世ヲスゴサントテ朝夕云ハカリ苦シキ目ヲ見テ走
イトナム事コソ思ヘバヨシナケレ。我ハ今ハ家ヘモ帰マジ
法師ニナリテ爰ニ居テ此木葉ノ有様ナント思ツツ
ケツツ。ノトカニ念仏シテヲラント思フ。ワ王ハ年モ未ワ/n20l
カシ末ハルカナレバ。トク帰リネト云フ。此男ノ云ヤウ誠ニ
タガハズノ給フ所ハ云レタレド菴リ一モナシ田畠ツクル
ベキ便モナシ。スベテ雨風ノ苦ミケダモノノヲソレ一トシ
テタヘ忍ブベキ所モ非ス。イカニシテカ独ハスミ給ハン。サ
ラハ我モ具シ奉リテ。木ノミヲモ拾ヒ水ヲモ汲テ。イカニモ
ナリ給ハン様ニコソハナラメ。今ヨハヒ盛ナリト云トモ。タトヘ
バ夏ノ木葉ニコソ侍ルナレ。ツヰニ紅葉シテチラン事疑
ナシ。何況ヤ木葉ハ色ヅキテコソチル物ナレ。人ハ若テ死ヌ
ルタメシ多カリ。ヤヤ木葉ヨリモアダナリト云ヘシ。更ニ古郷
ヘ帰ベカラズト云ケレバ。哀ニ思タリ。サラバイトウレシキ事/n21r
トテ人モカヨハヌ深山ノ中ニ少キ菴リ二ツ結テソレニ
ヒトリツツ朝夕念仏シテスゴシケル。ムゲニ近キ世ノ事
ナレハ皆人シリテ侍リトナン。或人云父已往生ヲハンヌ
息今ニ現存云々/n21l
text/hosshinju/h_hosshinju3-09.txt · 最終更新: 2017/05/07 13:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa