Recent changes RSS feed

発心集

第三第5話(30) 或る禅師、補陀落山に詣づる事 賀東上人の事

校訂本文

近く、讃岐の三位といふ人いまそかりけり。かの乳母(めのと)の男にて、年ごろ、往生を願ふ入道ありけり。

心に思ひけるやう、「この身のありさま、よろづのこと、心にかなはず。もし、悪しき病なんど受けて、終り思ふやうならずは、本意(ほんい)遂げんこと、極めてかたし。病なくて死なんばかりこそ、臨終正念ならめ」と思ひて、「身灯せん」と思ふ。

「さても、耐えぬべきか」とて、鍬といふ物を二つ、赤くなるまで焼きて、左右の脇にさしはさみて、しばしばかりあるに、焼け焦がるるさま、目も当てられず。とばかりありて、「ことにもあらざりけり」と言ひて、そのかまへどもしけるほどに、また、思ふやう、「身灯は易くしつべし。されど、この生を改めて、極楽へ詣でん、詮(せん)もなく、また、凡夫なれば、もし終りに至りて、いかが、なほ疑ふ心もあらん。補陀落山こそ、この世間(よのなか)の内にて、この身ながらも詣でぬべき所なれ。しからば、かれへ詣でんと思ふなり」。

また、すなはち、つくろひやめて、土佐の国に知る所ありければ、行きて、新しき小船一つまうけて、朝夕これに乗りて、梶(かぢ)取るわざを習ふ。

その後、梶取りを語らひ、「北風のたゆみなく吹きつよりぬらん時は、告げよ」と契りて、その風を待ち得て、かの小船に帆かけて、ただ一人乗りて、南をさして乗りにけり。妻子(めこ)ありけれど、かほどに思ひ立ちたることなれば、留むるにかひなし。むなしく、行き隠れぬる方を見やりてなん、泣き悲しみけり。

これを、時の人、「心ざしの至り浅からず。必ず参りぬらん」とぞ、おしはかりける。

一条院1)の御時とか、賀東聖といひける人、この定(ぢやう)にして、第子一人あひ具して参る由(よし)、語り伝へたる跡を思ひけるにや。

翻刻

  或禅師詣補陀落山事 賀東上人事
近ク讃岐ノ三位ト云人イマソカリケリ彼メノトノ男ニ
テ年ゴロ往生ヲネガフ入道アリケリ心ニ思ケルヤウ
此身ノ有様万ノ事心ニ不叶若アシキ病ナントウ
ケテ終リ思フヤウナラズハ本意トゲン事極テカタ
シ病ナクテ死ナンバカリコソ臨終正念ナラメト思テ
身灯セント思フ。サテモタエヌベキカトテ。クワト云物
ヲ二ツ。アカクナルマデヤキテ左右ノワキニサシハサミ
テ。シバシバカリアルニ。ヤケコガルル様目モ当ラレズ。ト斗
アリテ。コトニモアラザリケリト云テ其カマヘドモシケル/n9l
程ニ又思フヤウ。身灯ハヤスクシツベシ。サレド此生ヲ改
テ極楽ヘマウデンセンモナク。又凡夫ナレバ若ヲハリニ
至テ。イカカ猶疑フ心モ有。補陀落山コソ此ノ世間ノ内
ニテ此身ナガラモ詣デヌベキ所ナレ。シカラバカレヘ詣
テント思ナリ又即ツクロヰヤメテ。トサノ国ニ知処アリ
ケレバ行テ新キ小船一ツマウケテ朝夕コレニノリテ。カ
チトルワザヲ習フ。ソノ後梶トリヲカタラヒ北風ノタユ
ミナク吹ツヨリヌラン時ハ。ツケヨト契リテ其風ヲ待得
テ彼小船ニ帆カケテ。タタ一人乗テ南ヲサシテ。ノリニ
ケリ。メコアリケレド。カ程ニ思立タル事ナレバ留ルニカイ/n10r
ナシ空ク行カクレヌル方ヲ見ヤリテナン。ナキ悲ケリ
是ヲ時ノ人心ザシノ至リアサカラズ必ズマイリヌラントゾ
ヲシハカリケル一条院ノ御時トカ賀東ヒジリト云ケ
ル人此定ニシテ第子独相具シテマイル由語伝タル
跡ヲ思ヒケルニヤ/n10l
1)
一条天皇
text/hosshinju/h_hosshinju3-05.txt · 最終更新: 2017/05/02 23:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa