Recent changes RSS feed

発心集

第三第3話(28) 伊予入道、往生の事

校訂本文

伊予守源頼吉1)は、若くより罪をのみ作りて、いささかも慚愧(ざんぎ)の心なかりけり。いはんや、御門の仰せといひながら、陸奥国(みちのくに)に向ひて、十二年の間、謀叛の輩(ともがら)を滅ぼし、もろもろの眷属、境界を失へること数を知らず。

「因果の理(ことはり)空しからずは、地獄の報ひ疑なからん」と見えけるに、みのわの入道とて、先立ちて世を背ける者ありけり。折節に、この世の無常、身罪の報ひの恐るべきやうなんどを言ひけるを聞きて、たちまちに発心して、頭(かしら)おろして、一筋に往生極楽を願ひけり。

かのみのわの入道が作りける堂は、伊予入道の家向ひ、佐女牛(さめうじ)西洞院なり。みのわ堂といひて、近くまでありき。かの堂にて、行なふ間に、昔の罪を悔ひ悲しみける。涙、板敷に落ち積りて、大床に伝はり、大床より流れて、土に落つるまでなん泣きける。

その後、語りていはく、「今は往生の願ひ、疑ひなく遂げなんとす。勇猛・強盛(がうじやう)なる心のおこれること、昔、衣川の館を落さんとせし時に異ならず」となん言ひける。

まことに、終りめでたくて、往生したる由、伝2)に記せり。

多く罪を作れりとて、卑下すべからず。深く心を発(おこ)して勤め行へば、往生すること、またかくのごとし。

その息3)は、つひに善知識もなく、懺悔の心もおこさざりければ、罪ほろぶべき方なし。重き病を受けたりけるころ、向ひに住みける女房の夢に見るやう、さまざま姿したる恐しき物、数も知らず、そのあたりをうち囲(かご)めり。「いかなることぞ」と尋ぬれば、「人を搦めんとするなり」と言ふ。とばかりありて、男を一人追ひ立て行く先に、札をさし上げたるを見れば、「無間地獄の罪人」と書けり。夢覚めて、いとあやしく思えて、尋ねければ、「この暁、はやく失せ給ひぬ」となん言ひける。

翻刻

  伊予入道往生事
伊予守源頼吉ハ若クヨリ罪ヲノミ作リテ聊モ慚愧ノ
心ナカリケリ況ヤ御門ノ仰ト云ナガラミチノ国ニムカヒ
テ十二年ノ間謀叛ノ輩ヲホロボシ諸ノ眷属境界ヲ
失ヘル事数ヲシラズ因果ノ理ハリ空シカラズハ地獄ノ/n5l
報疑ナカラントミヘケルニ身ノハノ入道トテ先立テ世ヲ
ソムケル者アリケリ。ヲリフシニ此世ノ無常身罪ノムクヒ
ノオソルベキ様ナンドヲ云ケルヲ聞テ忽ニ発心シテ。カシ
ラヲロシテ一筋ニ往生極楽ヲネガヒケリ彼ミノハノ入
道カツクリケル堂ハ伊予入道ノイヱムカヒ。サメウジ西ノ
洞院ナリ。ミノワ堂ト云テ近クマデアリキ。彼堂ニテ行
ナフ間ニ昔ノ罪ヲクヰカナシミケル涙板敷ニヲチツモ
リテ大床ニツタハリ大床ヨリ流テ土ニ落ルマデナン。ナ
キケル其後カタリテ云ク今ハ往生ノネガヒ疑ナクトケ
ナントス勇猛カウジヤウナル心ノヲコレル事ムカシ衣川ノ/n6r
タチヲ落サントセシ時ニ異ナラズトナン云ケル。マコトニ
終リ目出テ往生シタル由伝ニシルセリ多ク罪ヲ作レ
リトテ。ヒゲスヘカラス深ク心ヲ発シテツトメ行ナヘバ往生
スル事又如是。ソノ息ハツヰニ善知識モナク懺悔ノ心モ
ヲコサザリケレハ罪ホロブベキ方ナシ重キ病ヲウケタリ
ケル比。ムカヒニスミケル女房ノ夢ニ見ルヤウ。サマザマスカタ
シタル。ヲソロシキ物数モシラズ。ソノアタリヲ打カゴメリ
如何ナル事ソト尋ヌレハ人ヲカラメントスルナリト云フ
トバカリアリテ男ヲヒトリヲヰ立テ行クサキニ札ヲサシ
アゲタルヲミレバ無間地獄ノ罪人トカケリ夢サメテ/n6l
イトアヤシク覚テ尋ケレバ此暁ハヤクウセ給ヌトナン云ケル/n7r
1)
源頼義
2)
続本朝往生伝
3)
息子。源義家のこと。
text/hosshinju/h_hosshinju3-03.txt · 最終更新: 2017/05/02 17:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa