Recent changes RSS feed

発心集

第二第11話(23) 或聖人、客人に値はざる事

校訂本文

年ごろ、道心深くして、念仏怠らぬ聖ありけり。

あひ知りたりける人の、「対面せん」とて、わざと尋ねて来たりければ、「大切に暇(いとま)ふたがりたることありて、え会ひ奉るまじき」と言ふ。

弟子、「あやし」と思ひて、その人帰りてのちなむ、「本意なくては帰し給へるぞ。さしあふことも見え侍らぬを」と言へば、「あひがたくして人身を得たり。このたび、生死を離れて、極楽に生れんと思ふ。これ、身にとりて、極まりたる営みなり。何ごとかこれに過ぎたる大事あらむ」とぞ言ひける。

このこと、あまりきびく思ゆるは、わが心の及ばぬなるべし。

坐禅三昧経にいはく、

今日営此事 明日造彼事 楽著不観苦 不覚死賊至 云々

(今日此の事を営み 明日彼の事を造る 楽着して苦を観ぜず 死賊の至れるを覚えず)

世の中にある人、さすがに後世を思はざるなし。「今日はこのことをせん。明日はかのことを営まむ」と思ふほどに、無常の敵(かたき)のやうやく近付きて、命を失ふことをば知らざるなり。

翻刻

  或聖人不値客人事/n24l
年来道心深シテ念仏ヲコタラヌ聖アリケリ。相知タ
リケル人ノ対面セントテワザト尋テ来リケレバ。大切ニ
暇フタガリタル事アリテヱアヒ奉ルマシキト云。弟子
アヤシト思テ其人帰テ後ナム本意ナクテハ帰シ給ヘ
ルソ指合事モ見侍ラヌヲト云ヘバ。アヒ難シテ人身
ヲ得タリ。此度生死ヲ離テ極楽ニ生レント思フ。
是身ニトリテ極マリタル営ナリ。何事カ是ニ過タル
大事アラムトゾ云ケル。此事アマリキヒク覚ユルハ我心ノ
ヲヨハヌナルベシ
  坐禅三昧経云/n25r
今日営此事明日造彼事楽著傅観苦不覚死賊
至云々世中ニアル人サスガニ後世ヲ思ザルナシ。ケウ
ハ此事ヲセン。アスハ彼事ヲ営マムト思フホトニ無常ノ
カタキノ漸近ヅキテ命ヲ失事ヲハ知サル也/n25l
text/hosshinju/h_hosshinju2-11.txt · 最終更新: 2017/04/25 14:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa