Recent changes RSS feed

発心集

第二第8話(20) 真浄房、暫く天狗になる事

校訂本文

近ごろ、鳥羽の僧正1)とて、やむごとなき人おはしけり。その弟子にて、年ごろ同宿したりける僧あり。名をば真浄房とぞいひける。

往生を願ふ心深くして、師の僧正に聞こへけるやう、「月日にそへて、後世の恐しく侍れば、『修学の道を捨てて、ひとへに念仏をいとなまむ』と思ひ侍るに、折りよく、法勝寺の三昧あきて侍り。かしこに申しなし給へ。身を非人になして、かの三昧のことに命を続いで、後世を取り侍らん」と聞こえければ、「かく思ひ取り入る、あはれなり」とて、すなはち申しなされにけり。

そののち、本意(ほんい)のごとく、のどかに三昧僧坊に居て、ひまなく念仏して日月を送る。

隣の坊に、叡泉坊といふ僧、同じく後世を思へるにとりて、その勤め異(こと)なり。かれは地蔵を本尊として、さまざまに行ひぬ。もろもろのかつたゐをあはれみて、朝夕(てうせき)物を取らす。真浄房が方には、阿弥陀を頼み奉りて、ひまなく名号を称へ、極楽を願ふ。これまた、乞食をあはれみければ、さまざまの乞食ども、きほひ集まる。二人の道心者は、ま近く垣を一つ隔てたれども、おのおの習ひにければ、かつたいもこなたへ影ささず、乞食も隣へ望むことなし。

かかるほどに、かの僧正2)、病を受けて、限りになり給へる由を聞きて、真浄房、訪(とぶら)ひに詣でたりけり。ことのほかに弱くなりて、臥し給へる所に呼び入れて、「年ごろ、むつまじう思ひ習はせるを、この二・三年、うとうとしくなれるだに、恋しく思えつるに、今長く別れなむとす。今日や限りならむ」と、言ひもやらず泣かれければ、真浄房、いとあはれに思えて、涙を押へて、「さな思し召しそ。今日こそ別れ奉るとも、後世には必ず会ひてつかうまつるべきなり」と聞こゆ。「かく同心に思ひけるこそ、いとど嬉しけれ」とて、臥し給ひぬれば、泣く泣く帰りぬ。そののち、ほどなく、僧正隠れ給ひにけり。

かくて、年ごろ経るほどに、隣の叡泉房、心地悩ましくて、二十四日の暁に、地蔵の御名を唱へて、いとめでたく終りぬれば、見聞(けんもん)の人、貴みあへり。

この真浄房、劣らぬ後世者なりければ、「必ず往生人なり」と定むるほどに、二年(ふたとせ)ばかりあつて、いと心得ず物狂はしき病をして、隠れにけり。

あたりの人、あやしく、本意なきことに思ひつつ、年月を送るほどに、老ひたる母の、おくれゐて歎きけるが、また物めかしきことどもありけるを、親しき人ども集りて、もて騒ぐほどに、この母が言ふやう、「われはことなる物の怪にあらず。失せにし真浄房が詣で来たるなり。わがありさまを、誰も心得がたく思はれたれば、かつは、そのことをも聞こえんとなり。われ、ひとへに名利を捨てて、後世の勤めよりほかにいとなみなかりしかば、生死にとどまるべき身にてはなきを、わが師の僧正の別を惜しみ給ひし時、『後世には必ず参り合うて、随(したが)ひ奉らむ』と聞こえたりしことを、今、券契のごとくして、『さこそ言ひしが』とて、いかにもいとまを給はせぬによりて、思はぬ道に引き入られ侍るなり。ひとへに仏のごとく頼み奉りしままに、由(ゆゑ)なきことを申して、かく思ひのほかなることこそ侍りつれ。ただ、天狗と申すことは、あることなり。来年、六年に満ちなんとす。『かの月めに、かまへてこの道を出でて、極楽へ参らばや』と思ひ給へるに、必ず障りなく、苦患まぬかるべきやうにとぶらひ給へ。さても、世に侍りし時、『本意のごとく、おくれ奉るならば、母の御ため、善知識となりて、後世をとぶらひ奉らむ。もしまた、思ひのほかに先立ち参らせば、引摂(いんぜふ)し奉らん』とこそ、願ひ侍りしか。思はざるに、今、かかる身となりて、近付き詣で来るにつけても、悩まし奉るべし」とは言ひもやらず、さめざめと泣く。聞く人、さながら涙を流して、あはれみあへり。

とばかりのどかに物語りしつつ、あくびたびたびして、例ざまになりにければ、仏経なんど、心の及ぶほど書き供養しけり。

かかるほどに、年もかへりぬ。その冬になつて、また、その母わづらふ。とかく言ふあひだに、母が言ふやう、「誰々も、さばかりありし真浄房が、また詣で来たるぞ。そのゆゑは、『真心に、後世とぶらひ給へる嬉しさも聞こへん』と思ひ給ふ上に。暁、すでに得脱し侍り。いかんとなれば、そのしるし、見せ奉らんためなり。日ごろ、わが身の臭く穢らはしき香、かぎ給へ」とて、息をためて吹き出だしたるに、一家(いつけ)の内、臭くて、耐へ忍ぶべくもあらず。

さて、夜もすがら物語りして、暁に及びて、「ただ今ぞ。すでに不浄身をあらためて、極楽へ参り侍る」とて、また息をしたりければ、そのたびは香ばしく、家の内、香り満ちたりけり。

それを聞く人、「たとひ行徳高き人なりとも、『必ずこれに値遇せん』といふふ誓ひをば、起すまじかりけり。かれは取りはづして、悪しき道に入りたれば、あへなくかかるわざなり」とぞ言ひける。

翻刻

  真浄房暫作天狗事
近来鳥羽ノ僧正トテヤム事ナキ人ヲハシケリ。其第
子ニテ年来同宿シタリケル僧アリ。名ヲハ真浄房
トソ云ケル。往生ヲ願心深クシテ師ノ僧正ニ聞ヘケ
ル様月日ニソヘテ後世ノヲソロシク侍レハ。修学ノ道
ヲステテ偏ニ念仏ヲイトナマムト思ヒ侍ヘルニ。折ヨク
法勝寺ノ三昧アキテ侍リ彼ニ申成給ヘ身ヲ非人/n18l
ニ成テ彼三昧ノ事ニ命ヲ続テ後世ヲトリ侍
ラント聞ケレバ。カク思ヒ取イル哀也トテ則申成レニ
ケリ。其後本意ノ如クノドカニ三昧僧坊ニ居テヒマ
ナク念仏シテ日月ヲ送ル。隣ノ坊ニ叡泉坊ト
云僧同ク後世ヲ思ヘルニトリテ其勤異也彼ハ地
蔵ヲ本尊トシテサマザマニ行ヌ。諸ノカツタイヲアハレミ
テ朝夕物ヲトラス。真浄房カ方ニハ阿弥陀ヲ憑ミ
奉テヒマナク名号ヲトナヘ極楽ヲ願フ是又乞食
ヲアハレミケレバサマザマノ乞食トモキヲヒ集ル。二人ノ道
心者ハマチカク垣ヲ一ヘダテタレドモ。各習ヒニケレバ。/n19r
カツタイモコナタヘ影ササス。乞食モ隣ヘ望ム事ナシ
カカル程ニ彼僧正病ヲ受テカキリニ成給ヘル由ヲ
聞テ真浄房訪ニマウテタリケリ。事ノ外ニヨハク成テ
臥給ヘル処ニヨヒ入テ。年来ムツマシフ思ナラハセルヲ。此
二三年ウトウトシク成タニ恋シク覚ヘツルニ。今長ク別ナム
トス。今日ヤカキリナラムト云モヤラズナカレケレバ真浄房
イト哀ニ覚ヘテ涙ヲオサヘテ。サナ覚シメシソ今日コソ
別レ奉ルトモ後世ニハ必ズアヒテツカフマツルベキ也ト
聞ユ。カク同心ニ思ケルコソイトトウレシケレトテ。臥給ヌ
レハナクナク帰ヌ。其後程ナク僧正カクレ給ニケリ。カク/n19l
テ年来フル程ニ隣ノ叡泉房心地ナヤマシクテ。廿四
日ノ暁ニ地蔵ノ御名ヲ唱テ。イト目出度ヲワリ
ヌレハ見聞ノ人貴ミアヘリ。此真浄房ヲトラヌ後世
者ナリケレハ必往生人ナリト定ル程ニフタトセハカリ有
テイト心ズ物クルハシキ病ヲシテカクレニケリ。
アタリノ人アヤシク本意ナキ事ニ思ツツ年月ヲオクル
程ニ。老タル母ノヲクレヰテナケキケルガ。又物メカシキ事
ドモ有ケルヲ。シタシキ人トモ集テモテサハク程ニ。此
母カ云様我ハコトナル物ノケニ非ズ。ウセニシ真浄房
カマウデ来也。我アリサマヲ誰モ心ヱガタク思ハレタ/n20r
レバ且ハ其事ヲモ聞ヘント也。我偏ニ名利ヲステテ
後世ノ勤ヨリ外ニイトナミ無シカハ生死ニトトマル
ベキ身ニテハ無ヲ。我師ノ僧正ノ別ヲオシミ給シ
時。後世ニハ必ス参合テ随ヒ奉ラムト聞ヘタリシ事
ヲ今券契ノ如クシテサコソ云シガトテ。イカニモイトマ
ヲ給ハセヌニヨリテ。思ハヌ道ニ引入ラレ侍ル也。偏ニ
仏ノ如ク憑ミ奉リシママニ。由ナキ事ヲ申テカク
思ノ外ナル事コソ侍ツレ。但天狗ト申事ハアル事也。
来年六年ニ満ナントス。彼月メニカマヘテ此道ヲ出
テ極楽ヘ詣ハヤト思給ヘルニ必サハリナク苦患マヌカ/n20l
ルベキ様ニ訪ヒ給ヘ。サテモ世ニ侍ヘリシ時本意ノ如
クヲクレ奉ルナラバ。母ノ御タメ善知識トナリテ
後世ヲ訪ヒ奉ラム。若又思ノ外ニ先立参セハ引
摂シ奉ラントコソ願侍ヘリシカ。思ハサルニ今カカル身ト
成テチカツキマウテクルニ付テモ。ナヤマシ奉ルベシトハ云
モヤラズ。サメザメト泣ク。聞人サナガラ涙ヲ流テ哀ミ
アヘリ。トバカリノトカニ物カタリシツツ。アクビ度々シテレイ
サマニ成ニケレバ仏経ナンド心ノ及フ程カキ供養シ
ケリ。カカル程ニ年モカヘリヌ。其冬ニ成テ又其母
ワツラフ。トカク云アヒタニ母カ云様。誰々モサバカリ有シ/n21r
真浄房カ又マウデ来タルゾ。其故ハ真心ニ後世訪ヒ
給ヘルウレシサモ聞ヘント思給フ上ニ。暁ステニ得脱
シ侍ヘリ。イカントナレバ其シルシ見セ奉ランタメ也日比我
身ノクサクケカラハシキ香カキ給ヘトテ。イキヲタメテ吹
出シタルニ一家ノ内クサクテタヘ忍フベクモ非ス。サテ
夜モスガラ物ガタリシテ暁ニ及テ唯今ソ。既ニ不浄
身ヲ改メテ極楽ヘ詣侍ベルトテ又イキヲシタリケレ
バ。其度ハ香バシク家ノ内カホリミチタリケリ其ヲ
聞人タトヒ行徳高キ人ナリトモ必是ニ値遇セント
云フチカヒヲハ起スマジカリケリ。彼ハ取ハヅシテ悪キ/n21l
道ニ入タレバ。アヘナクカカルワザナリトゾ云ケル/n22r
1)
覚猷
2)
鳥羽僧正覚猷
text/hosshinju/h_hosshinju2-08.txt · 最終更新: 2017/04/22 23:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa