ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:hosshinju:h_hosshinju2-06

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:hosshinju:h_hosshinju2-06 [2017/04/19 00:01]
Satoshi Nakagawa 作成
text:hosshinju:h_hosshinju2-06 [2017/04/22 12:27] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 4: ライン 4:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-津の国((摂津))和田の奥に、妙法寺といふ山寺あり。かしこに楽西といふ聖人住みけり。もとは出雲国の人なり。+津の国((摂津))和田の奥に、妙法寺といふ山寺あり。かしこに楽西といふ聖人住みけり。もとは出雲国の人なり。
  
 わが身、いまだ男なりける時、人の、田を作るとて、牛の耐へがたげなるを打ち責めて、かきすきけるを見て、「かく有情を悩ましつつ、わりなくして作りたてたる物を、作(な)すことなくて受用(じゆやう)することこそ、いみじう罪深けれ」と思ひけるより、心発(おこ)つて、やがて出家したりけり。 わが身、いまだ男なりける時、人の、田を作るとて、牛の耐へがたげなるを打ち責めて、かきすきけるを見て、「かく有情を悩ましつつ、わりなくして作りたてたる物を、作(な)すことなくて受用(じゆやう)することこそ、いみじう罪深けれ」と思ひけるより、心発(おこ)つて、やがて出家したりけり。


text/hosshinju/h_hosshinju2-06.txt · 最終更新: 2017/04/22 12:27 by Satoshi Nakagawa