Recent changes RSS feed

発心集

第一第10話(10) 天王寺聖、隠徳の事 付、乞食聖の事

校訂本文

近ごろ天王寺1)に聖ありけり。言葉の末ごとに「瑠璃」といふ二つの文字を加へて言ひければ、やがて、字を名に付けて「瑠璃」とぞいひける。

その姿、布のつづり、紙衣なんどの、いふばかりなく、ゆゆしげに破れはらめきたるを、いくらともなく着ぶくれて、布袋(ぬのぶくろ)の汚なげなるに、乞ひ集めたる物を一つに取り入れて、歩(あり)き歩きこれを食らふ。

童(わらうべ)、いくらともなく笑ひあなづれど、さらにとがめ、腹立つことなし。いたくせたむる時は、袋より物を取り出だして取らすれば、童、汚ながりて、これを取らず。捨つれば、また取つて入れつつ、常には様々のすずろごとをうち言ひて、ひたすら物狂ひにてなむありける。

さして、「そこに跡とめたり」と見ゆる所なし。垣根(かきのね)・木の下・築地(ついぢ)にしたがひて、夜を明かす。

そのころ、大塚といふ所に、やんごとなき智者ありけり。ある時、「雨の降りて、まかり寄るべき所もなければ、この縁の片端(かたはし)に候はん」と言ひければ、例ならず、あやしう思えながら置きつ。

夜更けて、聖が言ふやう、「かく、たまたま参り寄りて侍り。年ごろ、おぼつかなく思ひ給へることども、はるけ侍らばや」と言ふ。ことのほかに思ゆれど、世の常の人のやうに、あひしらうほどに、やうやう、天台宗の法門どもの、えもいはぬ理(ことはり)ども尋ねつ。また、主(あるじ)、あさましく、めづらかに思えて、夜もすがら寝ず。さまざまに問ひ答へて、明けぬれば、「今はいとま申し侍らむ」とて、「心にいぶかしく思ひ給へることどもを、賢く今宵候ひて、はるけ侍りぬ」とて、去ぬ。

また、このこと、ありがたく貴く思えけるままに、そのあたりの人どもに語りたりければ、そしり、いやしめし心を改めて、かたへは権者の疑ひをなして、尊みけり。されど、その有様は、さきざきにつゆ変らかはらず、「さることや、ありける」と人の問ふ時には、うち笑ひて、そそろごとにぞ言ひなしける。

かやうに、人に知られぬることを、うるさくや思ひけん、はてには行方(ゆきかた)も知らせずなりにけり。年経て、人、語りけるは、和泉国に乞食し歩(あり)きけるが、終りには、人も来寄らぬ所の、大きなる木のもとに、下枝(したえだ)に仏掛け奉りて、西に向ひて、合掌して、居ながら眼を閉ぢてなむありける。その時は、知れる人もなくて、後に見付けたりけるなり。

また、近ごろ、世に「仏みやう」といふ乞食ありけり。それも、かの聖のごとく、物狂ひのやうにて、食物(しょくもつ)は魚・鳥をも嫌はず。着物は筵(むしろ)・薦(こも)をさへ重ね着つつ、人の姿にもあらず、会ふ人ごとに必ず、「あま人・法師・をとこ人・女人等清浄」と言ひ拝むわざをしければ、それを名に付けてなむ、見と見る人、皆、「つたなく、ゆゆしき者」とのみ思ひけれど、げには、やうありける者にや、阿証房2)といふ聖を得意にして、思ひがけぬ経論なんどを借りて、人にも知らせず、懐(ふところ)に引き入れて、持ちて行きて、日ごろ経てなむ返すことを、常になんしける。つひに切提(せつたい)の上に、西に向ひて、合掌端座して終りにけり。

これらは、すぐれたる後世者の一(いち)の有様なり。「大隠、朝市にあり」と言へる、すなはちこれなり。かくいふ心は、賢き人の世を背く習ひ、わが身は市の中にあれども、その徳をよく隠して、人にもらせぬなり。

山林に交はり、跡を暗うするは、人の中にあつて、徳をえ隠さぬ人の振舞ひなるべし。

翻刻

  天王寺聖隠徳事(付乞食聖事)
近比天王寺ニ聖有ケリ。詞ノスヱコトニ瑠璃ト云
二文字ヲクハヘテ云ケレバ。ヤカテ字ヲ名ニ付テ瑠
璃トゾ云ケル。其スガタ布ノツツリ紙ギヌナムドノ云ハカ
リナク。ユユシゲニヤレハラメキタルヲ。イクラ共ナクキフ/n23l
クレテ布袋ノキタナゲナルニ。コヒ集メタル物ヲヒトツニ
取入テ。アリキアリキ是ヲ食。ワラウベイクラトモナク笑ヒ
アナヅレト更ニトカメ腹立事ナシ。イタクセタムル時ハ
袋ヨリ物ヲ取出テトラスレバ童キタナガリテ是ヲ
取ラズ捨レバ。又取テ入ツツ常ニハ様々ノスズロ事ヲ
打云テヒタスラ物クルイニテナム有ケル。指テソコニ
跡トメタリト見ユル処ナシ。垣根木下ツイヂニ随ヒテ
夜ヲアカス。其比大ツカト云所ニヤムゴトナキ智者ア
リケリ。有時雨ノフリテ罷ヨルベキ所モナケレハ。此
縁ノカタハシニ候ハント云ケレバ。例ナラスアヤシフ覚ヘ/n24r
ナガラヲキツ。夜フケテ聖カ云様カクタマタマ参リヨリ
テ侍ヘリ。年来ヲボツカ無ク思ヒ給ヘル事トモハル
ケ侍ラハヤト云。事外ニ覚ユレドヨノツネノ人ノ様ニ
アヒシラウ程ニ。ヤウヤウ天台宗ノ法門トモノヱモイハヌ
理共尋ツ。又アルジアサマシクメヅラカニ覚テ夜モスガ
ラネズ。サマザマニ問ヒ答ヘテ明ヌレハ今ハイトマ申侍
ラムトテ。心ニイブカシク思給ル事ドモヲ賢クコヨヒ候
テハルケ侍ヘリヌトテ去ヌ。又此事アリ難ク貴ク
覚ヘケルママニ。其アタリノ人ドモニ語タリケレバ。ソシリ
イヤシメシ心ヲ改メテ。カタヘハ権者ノ疑ヲナシテタフ/n24l
トミケリ。サレド其有様ハサキザキニ露カハラズ。サル事
ヤ有ケルト人ノ問時ニハ。ウチワラヒテソソロ事ニソ云
ナシケル。加様ニ人ニ知ラレヌル事ヲウルサクヤ思ヒケン。
終ニハ行方モ知セズ成ニケリ。年経テ人語ケルハ。和泉
国ニ乞食シアリキケルカ。ヲハリニハ人モ来ヨラヌ所ノ
大ナル木ノモトニシタ枝ニ仏カケ奉テ。西ニ向テ合掌
シテ居ナカラ眼ヲトチテナム有ケル。其時ハシレル
人モナクテ後ニ見付タリケルナリ。
又近来世ニ仏ミヤウト云乞食有ケリ。其モカノ聖ノ
如ク物クルヒノ様ニテ食物ハ魚鳥ヲモキラハズキモ/n25r
ノハ筵コモヲサヘ重キツツ。人ノスガタニモアラズ。逢人ゴトニ
必アマ人法師ヲトコ人女人等清浄トイヒヲカム
ワサヲシケレバ。其ヲ名ニ付テナム見ト見ル人皆ツタ
ナクユユシキ者トノミ思ケレド。実ニハ様アリケル者ニヤ。阿
証房ト云聖ヲトクヒニシテ。思カケヌ経論ナムドヲ借
テ人ニモ知セズ懐ニ引入テ持テ行テ。ヒコロ経テナム
返ス事ヲ常ニナンシケル。終ニ切提ノ上ニ西ニ向テ
合掌端座シテ終ニケリ。此等ハ勝タル後世者ノ一ノ
有様也。大隠朝市ニアリト云ヘル則是也。カク云心ハ
賢キ人ノ世ヲ背ク習。我身ハ市ノ中ニアレドモ/n25l
其徳ヲ能カクシテ人ニモラセヌ也。山林ニ交リ跡ヲ
クラフスルハ人ノ中ニ有テ徳ヲヱカクサヌ人ノフルマヒ成ヘシ/n26r
1)
四天王寺
2)
阿証房印西か
text/hosshinju/h_hosshinju1-10.txt · 最終更新: 2017/04/04 23:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa