Recent changes RSS feed

発心集

第一第9話(9) 神楽岡清水谷仏種房の事

校訂本文

神楽岡の清水谷といふ所に、仏種房といふて、貴き聖人ありき。対面したることはなかりしかども、近き世の人なりしかば、つひに、往生人とて、人の貴みあひたりしをば、伝へ聞き侍りき。

この聖人、そのかみ水飲(みづのみ)といふ所に住み侍りけるころ、木拾ひに谷へ下りける間に、盗人、入りにけり。わづかなる物ども、みな取つて、「遠く逃げぬ」と思うて、返り見れば、もとの所なり。「いと怪し」と思ひて、「なほ行くぞ」と思ふほどに、二時(ふたとき)ばかり、かの水飲の湯屋をめぐりて、さらに外へ去らず。

その時に、聖、怪しみて問ふ。答へていふやう、「われは盗人なり、しかるに、『遠く逃げ去りぬ』と思へども、すべて行くことを得ず。これ、ただごとにあらず。今に至りては、物を返し侍らん。願はくは許し給へ。まかり帰りなむ」と言ふ。聖のいはく、「なじかは、罪深くかかる物をば取らむとする。ただ、欲しう思ひてこそは取りつらん。さらに返しうべからず。それなしとも、われ、こと欠くまじ」と言ひて、盗人になほ取らせてやりける。大方(おほかた)、心に哀れみ深くぞありける。

年を経て、かの清水谷に住みける時、あひ頼みたる檀越(だんをつ)あり。深く帰依して、折節には贈り物し、ことにふれて心ざしをはこびつつ過ぎけるに、ことに、この聖、わざと出で来たりて言ふやう、「思ひがけず思しぬべけれど、年ごろ頼み奉つて侍るなり。このほど、夢のごとくなる庵室を造るとて、工(たくみ)を使ひ侍りしが、魚をよげに食(くら)ひ侍りしがうらやましくて、魚の欲しく侍れば、『この殿には多く侍るらむ』と思ひて、わざと参れるなり」と言ふ。主(あるじ)、おろかなる女心に、「あさまし」と思ひのほかに思えけれど、よきやうにして取り出だしたりければ、よくよく食らうて、残りをば瓦器(かはらけ)を蓋に覆ひて、紙にひき包みて、「これをば、あれにて食べむ」とて、ふところに入れて出でにけり。

そののち、この人、本意(ほい)なく思えながら、さすがに心苦しく思ひやりて、「一日の御家づと、夢がましく見え侍へりしかば、重ねて奉るなり」とて、さまざまに調じて、贈りたりけれど、そのたびはととめず、「御心ざしは嬉しく侍り。されども、一日の残にたえ飽きて、今は欲しくも侍らねば、これ返し奉る」となむ、言ひたりける。これも、「この世に執をとどめじ」と思ひけるにや。

この仏種房、ある時、風気ありて煩ひけり。かたの様なる家、荒れこぼれて、繕(つくろ)ふことなし。病(やまひ)を見る人もなければ、一人のみ病み臥せりけるに、時は八月十五夜の、月いみじく明かかりける夜、宵より声を上げて念仏することあり。間近き家々、尊くなむ聞こえき。集りて見るに、板間も合はず荒れたる家に、月の光、心のままにさし入りたるよりほかに友なし。

夜中うち過ぐるほどに、「あな嬉し。これこそは、年ごろ思ひつることよ」と言ふ音、壁の外(ほか)に聞こえけり。その後は念仏の音もせずなりぬ。

夜明けて、見ければ、西に向ひて端座し、合掌して、眠るがごとくにてぞありける。この家は少しも離れず、あやしの下臈の家どもの軒続きになむありける。

翻刻

  神楽岡清水谷仏種房事
神楽岡ノ清水谷ト云処ニ仏種房ト云テ貴キ
聖人有キ。対面シタル事ハ無リシカドモ。近キ世ノ
人也シカバ終往生人トテ人ノ貴ミアヒタリシヲバ伝ヘキキ
侍ヘリキ。此聖人其カミ水ノミト云所ニ住侍ヘリケ
ル比。木拾ニ谷ヘ下ケル間ニ盗人入ニケリ。僅ナル
物ドモ皆取テ遠クニゲヌト思フテカヘリミレバ本ノ
処也。イトアヤシト思テ猶ユクゾト思程ニ二時計
彼水ノミノ湯屋ヲメグリテ更ニ外ヘサラズ。其時ニ聖アヤ/n21l
シミテ問フ。答テ云様我ハ盗人ナリ而ルニ遠ニゲサリヌ
ト思ヘドモ都テ行事ヲエズ。是タタ事ニ非ス今ニ至
リテハ物ヲ返シ侍ベラン。願ハユルシ給ヘマカリ帰リ
ナムト云。聖ノ云クナジカハ罪フカクカカル物ヲハ取ラムト
スル。但ホシフ思テコソハ取ツラン。更ニ返シウベカラズ
其ナシトモ我事カクマジト云テ盗人ニ猶トラセテヤリ
ケル。大方心ニ哀ミ深クゾ有ケル。年ヲ経テ彼清
水谷ニ住ケル時アヒ憑タル檀越アリ。深ク帰依シ
テ折節ニハヲクリ物シ。事ニフレテ心サシヲハコビツツ過
ケルニ。殊ニ此聖ワザト出テ来テ云様。思カケズヲホシ/n22r
ヌベケレド年来頼奉テ侍ナリ。此程夢ノ如ナル菴
室ヲ造トテ巧ヲツカイ侍シガ。魚ヲヨゲニ食ヒ侍ベリ
シガウラヤマシクテ魚ノホシク侍ベレバ。此殿ニハ多侍
ルラムト思ヒテワザト参レル也ト云。主ヲロカナル女
心ニアサマシト思ノ外ニ覚ケレド。能様ニシテ取
出タリケレバ。能々食テ残ヲバ瓦器ヲフタニヲホヒ
テ紙ニヒキツツミテ。是ヲバアレニテタベムトテ。フトコロニ
入テ出ニケリ。其後此人ホイナク覚ヘナガラ。サスガニ
心クルシク思ヤリテ。一日ノ御家ツト夢カマシク見ヘ
侍ヘリシカバ。重テ奉ルナリトテサマザマニ調シテ贈タリ/n22l
ケレド其度ハトトメズ。御心サシハウレシク侍ヘリ。サレ
ドモ一日ノ残ニタエアキテ今ハホシクモ侍ラネバ
是返シ奉ルトナム云タリケル。是モ此世ニ執ヲトト
メジト思ケルニヤ。此仏種房有時風気アリテ煩ケリ。
カタノ様ナル家アレコホレテツクロフ事ナシ。病ヲ見ル
人モナケレバ。ヒトリノミ病臥セリケルニ。時ハ八月十五
夜ノ月イミジクアカカリケル夜。ヨヒヨリ音ヲアゲテ念
仏スル事アリ。マヂカキ家々タフトクナム聞キ。集リ
テ見ニ板間モアハズアレタル家ニ月ノ光心ノママニ
指入タルヨリ外ニトモナシ。夜中ウチスグル程ニ。アナ/n23r
ウレシ是コソハ年来思ツル事ヨト云音カベノ外ニ
聞ヘケリ。其後ハ念仏ノ音モセズナリヌ。夜アケテ
見ケレバ西ニ向ヒテ端坐シ合掌シテ眠ルカ如ク
ニテソ有ケル。此家ハスコシモ離レスアヤシノ下臈ノ
家ドモノ軒ツヅキニナム有ケル/n23l
text/hosshinju/h_hosshinju1-09.txt · 最終更新: 2017/04/02 21:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa