Recent changes RSS feed

発心集

第一第5話(5) 多武峰僧賀上人、遁世往生の事

校訂本文

僧賀上人1)は経平2)の宰相の子、慈恵僧正3)の弟子なり。

この人、幼なかりしに、碩徳、人に勝れたりければ、「行く末にはやんごとなき人ならむ」と、あまねくほめあひたりけり。

しかれども、心の内には、深く世を厭ひて、名利にほだされず、極楽に生れむことをのみぞ、人知れず願はれける。思ふばかり道心のおこらぬことをのみぞ歎きて、根本中堂に千夜参りて、夜ごとに千返の礼をして、道心を祈り申しけり。

始めは、礼のたびごとに、いささかも声立つることもなかりけるが、六七百夜になりては、「付き給へ、付き給へ」と忍びやかに言ひて、礼しければ、聞く人、「この僧は何事を祈り、『天狗付き給へ』と言ふか」なんど、かつは怪しみ、かつは笑ひけり。終り方になりて、「道心付き給へ」と、さだかに聞こへける時、「あはれなり」なんど言ひける。

かくしつつ、千夜満ちてのち、さるべきにやありけん、世を厭ふ心、いとど深くなりにければ、「いかでか、身をいたづらになさん」と、ついでを待つほどに、ある時、内論義といふことありけり。さだまることにて、論義すべきほどの終りぬれば、饗を庭に投げ捨つれば、もろもろの乞食、方々に集りて、争ひ取りて食らふ習ひなるを、この宰相禅師4)、にはかに大衆の中より走り出でて、これを取つて食ふ。

見る人、「このの禅師は物に狂ふか」と、ののしり騒ぐを聞きて、「われは物に狂はず。かく言はるる大衆たちこそ、物に狂はるめれ」と言ひて、さらに驚かず。「あさまし」と言ひあふほどに、これをついでとして籠居しにけり。のちには、大和国多武峰といふ所に居て、思ふばかり勤め行ひて年を送りける。

そののち、貴き聞こえありて、時の后(きさき)の宮の戒師に召しければ、なまじひに参りて、南殿の高欄(かうらん)のきわに寄りて、さまざまに見苦しきことどもを言ひかけて、むなしく出でぬ。

また、「仏、供養せん」と言ふ人のもとへ行く間に、説法すべきやうなんど、道すがら案ずとて、「名利を思ふにこそ。魔縁便りを得てげり」とて、行き着くや遅き、そこはかとなきことをとがめて、施主といさかひて、供養をもとげすして帰りぬ。

これらのありさまは、人にうとまれて、再びかやうのことを言ひかけられじとなるべし。

また、師僧正5)、悦び申し給ひける時、先駆(せんくう)の数に入つて。乾鮭(からざけ)といふものを太刀にはきて、骨限なる女牛のあさましげなるに乗りて、「やかた口、つかまつらむ」とて、おもしろく折りまはりければ、見物の、怪しみ、驚かぬはなかりけり。かくて、「名聞こそ苦しかりけれ。かたゐのみぞ楽しかり」と歌ひて、うち離れにける。

僧正も凡人(ただびと)ならねば、かの「我こそ、やかた口打ため」とのたまふ声の、僧正の耳には、「悲しきかな。わが師、悪道に入りなむとす」と聞こえければ、車の内にて、「これも利生のためなり」となむ、答へ給ひける。

この聖人、命終らんとしける時、まづ、碁盤を取り寄せて、独り碁を打ち、次に障泥(あふり)を乞ふて、これをかづきて、小蝶6)といふ舞ひの真似をす。弟子ども、怪しんで問ひければ、「いとけなかりし時、この二事を人にいさめられて、思ひなからむなしく止みにしが、心にかかりたれば、『もし、生死の執となることもぞある』と思うて」とこそ言はれけれ。

すでに聖衆の迎ひを見て、悦びて歌を詠む。

  みづはさす八十(やそぢ)あまりの老いの波くらげの骨にあひにけるかな

と詠みて、終りにけり。

この人の振舞ひ、世の末には物狂ひとも言ひつべけれども、境界離れんための思ひばかりなれば、それに付けても、ありがたきためしに言ひ置きけり。人にまじはる習ひ、高にしたがひ、下(さが)れるを哀れむに付けても、身は他人の物となり、心は恩愛のためにつかはる。これ、この世の苦しみのみにあらず。出離の大きなる障(さは)りなり。境界を離れんよりほかには、いかにしてか、乱れやすき心をしづめむ。

翻刻

  多武峯僧賀上人遁世往生事
僧賀上人ハ経平ノ宰相ノ子慈恵僧正ノ弟子也。
此人少シニ碩徳人ニ勝タリケレバ行末ニハ無止人ナ
ラムト普クホメ相タリケリ。然トモ心ノ内ニハ深ク世ヲ
厭テ名利ニホダサレズ極楽ニ生レム事ヲノミゾ人シ
レス願ハレケル。思ハカリ道心ノ発ラヌ事ヲノミゾ歎テ
根本中堂ニ千夜参テ夜ゴトニ千返ノ礼ヲシテ道心
ヲ祈申ケリ。始ハ礼ノ度ゴトニ聊モ音立ル事モ無
リケルガ。六七百夜ニナリテハ付給ヘ付給ヘト忍ヤカニ云テ/n13l
礼シケレバ。聞人此僧ハ何事ヲ祈リ天狗付給ヘト
云カナンド且ハアヤシミ且ハ笑ケリ。終方ニナリテ道心
付給ヘトサダカニ聞ヘケル時哀ナリナント云ケル。斯シ
ツツ千夜満テ後サルベキニヤアリケン世ヲ厭心イトト
深ク成ニケレバ争身ヲイタヅラニナサント次ヲ待ホドニ
有時内論義ト云事アリケリ。定ル事ニテ論義スベキ
ホドノヲハリヌレバ饗ヲ庭ニナケスツレバ。諸ノ乞食方々ニ
集リテアラソヒ取テ食習ナルヲ。此宰相禅師俄ニ
大衆ノ中ヨリハシリ出テ此ヲ取テクフ。見ル人此ノ禅師
ハ物ニクルフカトノノシリサハグヲ聞テ我ハ物ニクルハズカク/n14r
イハルル大衆達コソ物ニクルハルメレト云テ更ニ驚カズ。
アサマシト云アフ程ニ此ヲ次トシテ籠居シニケリ。後ニハ
大和国タフノ峯ト云所ニ居テ思ハカリ勤行テ年
ヲ贈ケル。其後貴キ聞アリテ。時ノ后ノ宮ノ戒師ニ
召ケレハ憖ニ参テ南殿ノカウランノキワニヨリテサマサマニ
見苦キ事共ヲ云カケテ空ク出ヌ。亦仏供養セント云
人ノモトヘ行間ニ。説法スベキ様ナント道スカラ案ストテ。
名利ヲ思ニコソ魔縁便ヲ得テゲリトテ。行ツクヤヲソキ。
ソコハカトナキ事ヲトガメテ施主トイサカヒテ供養ヲモ
トゲスシテ帰リヌ。此等ノ有様ハ人ニウトマレテ再加様/n14l
ノ事ヲ云カケラレジトナルベシ又師僧正悦申シ給ケル
時。センクウノ数ニ入テ。カラザケト云物ヲ太刀ニハキテ。
骨限ナル女牛ノアサマシゲナルニ乗テヤカタ口仕マツ
ラムトテヲモシロク折マハリケレハ。見物ノアヤシミ驚ヌハナ
カリケリ。カクテ名聞コソクルシカリケレ。カタイノミソタノ
シカリトウタヒテ打離ニケル。僧正モ凡人ナラネハ彼我
コソヤカタクチウタメト宣音ノ。僧正ノ耳ニハ悲キ哉我
師悪道ニ入ナムトスト聞ヘケレバ。車ノ内ニテ此モ利生ノ
為ナリトナム答給ヒケル。此聖人命終ラントシケル時先
碁盤ヲ取寄テ独碁ヲ打。次ニ障泥ヲ乞テ是ヲ/n15r
カヅキテ小蝶ト云舞ノマネヲス。弟子共アヤシムテ問
ケレバ。イトケナカリシ時此二事ヲ人ニイサメラレテ
思ナカラ空クヤミニシガ心ニカカリタレハ。若生死ノ執ト
ナル事モソ有ト思テトコソ云レケレ。既聖衆ノ迎ヲ
見テ悦テ哥ヲヨム
  ミツハサス八十アマリノ老ノ浪クラケノ骨ニアヒニケル哉
ト読テヲワリニケリ。此人ノフルマイ世ノ末ニハ物クルヒ
トモ云ツベケレドモ。境界離レンタメノ思バカリナレバ。其ニ
付テモ有ガタキタメシニ云置ケリ。人ニマジハル習ヒ高ニ
随ヒ下レルヲ哀ムニ付テモ。身ハ他人ノ物トナリ。心ハ/n15l
恩愛ノ為ニツカハル。是此世ノ苦ノミニ非ズ。出離ノ大
ナルサワリナリ。境界ヲ離レンヨリ外ニハイカニシテカ乱
ヤスキ心ヲシツメム/n16r
1)
増賀
2)
橘恒平
3) , 5)
良源
4)
増賀を指す。
6)
胡蝶
text/hosshinju/h_hosshinju1-05.txt · 最終更新: 2017/04/02 19:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa