Recent changes RSS feed

発心集

第一第3話(3) 平等供奉、山を離れて異州に趣く事

校訂本文

中ごろ、山に、平等供奉といふて、やむごとなき人ありけり。すなはち、天台・真言の祖師なり。

ある時、隠れ所にありけるが、にはかに露の無常を悟る心起つて、「何として、かくはかなき世に、名利にのみほだされて、厭ふべき身を惜みつつ、むなしく明かし暮らす処ぞ」と思ふに、過ぎにし方も悔しく、年ごろの栖(すみか)もうとましく思えければ、さらに立ち帰るべき心地せず、白衣にて、足駄(あしだ)さしはきをりけるままに、衣なんどだに着ず、いづちともなく出でて、西の坂を下りて、京の方へ下りぬ。

「いづくに行きとどまるべし」とも思えざりければ、行かるるにまかせて、淀の方へまどひ歩(あり)き、下り船のありけるに乗らんとす。

貌(かほ)なんども、世の常ならず。「あやし」とて、うけひかねども、あながちに見ければ、乗せつ。「さても、いかなることによりて、いづくへおはする人ぞ」と問へば、「さらに何事と思ひ分きたることもなし。さして行き着く処もなし。ただ、いづかたなりとも、おはせん方へまからんと思ふ」と言へば、「いと心得ぬことのさまかな」と傾きあひたれど、さすがに情けなくはあらざりければ、おのづから、この船の便りに、伊予の国に至りにけり。

さて、かの国に、いつともなく迷ひ歩(あり)きて、乞食をして、日を送りければ、国の者ども、「門乞食」とぞ付けたりける。

山の坊には、「あからさまにて出で給ひぬるのち、久しくなりぬるこそ、あやしう」なむど言へど、かくとはいかでか思ひ寄らん。「おのづから、ゆゑこそあらめ」なんど言ふほどに、日も暮れ、夜も明けぬ。驚きて、尋ね求むれど、さらになし。いふかひなくして、ひとへに、亡き人になしつつ、泣く泣くあとのわざを営みあへりける。

かかる間に、この国の守なりける人、供奉の弟子に浄真阿闍梨1)といふ人を、年ごろあひ親しみて、祈りなむどせさせければ、「国へ下る」とて、「はるかなるほどに、頼もしからむ」と言ひて、具して下りにけり。

この門乞食、かくとも知らで、館の内へ入りにけり。物を乞ふ間に、童部ども、いくらともなく尻に立ちて笑ひののしる。ここら集まれる国の者ども、「異様(ことやう)の物の様かな。罷り出でよ」と、はしたなくさいなむを2)、この阿闍梨、あはれみて、「物なむど取らせむ」とて、間近く呼ぶ。恐る恐る縁のきはへ来たるを見れば、人の形にもあらず、痩せ衰へ、物のはらはらとある綴(つづり)ばかり着て、まことにあやしげなり。さすがに、見しやうに思ゆるを、よくよく思ひ出づれば、わが師なりけり。あはれに悲しくて、簾(すだれ)の内よりまろび出でて、縁の上にひき上(のぼ)す。守より始めて、ありとある人、驚き怪しむあまり、泣く泣く様々に語らへど、言葉少なにて、しひて暇(いとま)を乞ひて去りにけり。

いふはかりもなくて、麻の衣やうのもの用意して、ある処を尋ねけるに、ふつとえ尋ねあはず。果てには、国の者どもに仰せて、山林いたらぬ、くまなく、踏み求めけれども、会はで、そのままに跡を暗うして、つひに行く末も知らずなりにけり。

その後、はるかにほど経て、人も通はぬ深山(しんざん)の奥の、清水(しみづ)のある所に、「死人のある」と山人(やまうど)の語りけるに、あやしく思えて、尋ね行きて見れば、この法師、西に向ひて合掌して居たりけり。いとあはれに、貴く思えて、阿闍梨、泣く泣くとかくのことどもをしける。

今も昔も、まことに心を発(おこ)せる人は、かやうに古郷(こきやう)を離れ、見ず知らぬ所にて、いさぎよく名利をば捨てて失するなり。菩薩の無生忍を得るすら、もと見たる人の前にては、神通をあらはすこと難(かた)しと言へり。いはんや、今発せる心はやんごとなけれど、いまだ不退の位に至らねば、ことにふれて乱れやすし。古郷に住み、知れる人にまじりては、いかでか、一念の妄心おこさざらむ。

翻刻

  平等供奉離山趣異州事/n9l
中比山ニ平等供奉ト云テ止コトナキ人アリケリ。即天
台真言ノ祖師也。有時隠所ニ在ケルカ俄ニ露ノ無
常ヲ悟心起テ。何トシテカクハカナキ世ニ名利ニノミホ
ダサレテ厭ベキ身ヲ惜ツツ空ク明クラス処ソト思ニ過ニ
シ方モクヤシク年来ノ栖モウトマシク覚ケレバ更ニ立帰ヘ
キ心チセズ。白衣ニテアシダサシハキヲリケルママニ。衣ナンド
タニキズ。何地トモナク出テ西ノ坂ヲ下テ京ノ方ヘ
下リヌ。イツクニ行止ベシトモ覚ザリケレバ。行ルルニ任テ淀
ノ方ヘマドヒアリキ下船ノ有ケルニ乗トス。皃ナンドモ世ノ
ツネナラズ。アヤシトテウケヒカネドモ。アナカチニ見ケレバ/n10r
乗ツ。サテモ何ナル事ニヨリテ何クヘヲワスル人ゾト問バ更ニ
何事ト思ワキタル事モナシ。サシテ行ツク処モナシ只
イヅ方ナリトモオワセン方ヘマカラント思ト云ヘバ。イト
意ヱヌ事ノサマ哉トカタムキアヒタレド。サスガニナサケナクハ
非ザリケレハ。自此舟ノ便ニ伊予ノ国ニ至リニケリ。サテ
彼国ニイツトモナク迷アリキテ乞食ヲシテ日ヲ送ケレバ
国ノ者ドモ門乞食トゾ付タリケル。山ノ坊ニハアカラ
サマニテ出給ヌル後久成ヌルコソアヤシフナムトイヘド。
カクトハ争カヲモヒヨラン。自ユヘコソアラメナムンド云程ニ
日モクレ夜モアケヌ。驚テ尋求レド更ニナシ。云カヒナク/n10l
シテ偏ニ亡人ニナシツツ。泣々跡ノワザヲ営アヘリケル。
カカル間ニ此国ノ守ナリケル人。供奉ノ弟子ニ浄真
阿闍梨ト云人ヲ年来アヒシタシミテ祈ナムドセサセ
ケレバ。国ヘ下ルトテ遥ナル程ニ憑モシカラムト云テ具シ
テ下ニケリ。此門乞食カクトモ知ラデ。タチノ内ヘ入ニケリ。
物ヲコフ間ニ童部ドモイクラトモナク尻ニ立テ笑ノノシル。
ココラ集レル国ノ物ドモ事ヤウノ物ノ様カナ。罷出ヨト
ハシタナクイサナムヲ。此阿闍梨哀ミテ物ナムド取セムト
テマチカクヨフ。恐々縁ノキワヘ来タルヲ見レバ。人ノ形ニ
モ非ズヤセヲトロヘ。物ノハラハラトアルツヅリバカリキテ/n11r
実ニアヤシゲ也。サスガニ見シヤウニ覚ルヲヨクヨク思出
レハ我師也ケリ。アハレニ悲クテスタレノ内ヨリマロビ出
テテ縁ノ上ニヒキノボス。守ヨリ始テ有ト在ル人驚キ
アヤシムアマリ。泣々様々ニカタラヘド詞スクナニテシ
ヰテイトマヲコヒテ去ニケリ。云ハカリモナクテアサノ
衣ヤウノ物用意シテ有処ヲ尋ケルニ。フツトヱタヅネ
アワズハテニハ国ノ者トモニ仰セテ山林至ラヌクマ
ナクフミモトメケレドモアワデ其ママニ跡ヲクラフシテ
終ニ行末モ知ラス成ニケリ。其後ハルカニ程ヘテ人モ
カヨハヌ深山ノ奥ノ清水ノアル所ニ死人ノ有ト山/n11l
人ノ語ケルニ。アヤシク覚ヘテ尋行テ見レバ。此法師西ニ
向テ合掌シテ居タリケリ。イト哀ニ貴ク覚テ阿闍
梨ナクナクトカクノ事トモヲシケル。今モ昔モ実ニ心ヲ発
セル人ハカヤウニ古郷ヲハナレ。ミズシラヌ所ニテイサキ
ヨク名利ヲバ捨テウスル也。菩薩ノ無生忍ヲ得スラ。
モト見タル人ノ前ニテハ神通ヲアラハス事難シト云ヘリ。
況今発セル心ハ止事ナケレド未不退ノ位ニ至ラネバ
事ニフレテ乱レヤスシ。古郷ニスミシレル人ニマシリテハ。争
カ一念ノ妄心ヲコサザラム/n12r
1)
阿弥陀房静真
2)
底本「いさなむを」から訂正。
text/hosshinju/h_hosshinju1-03.txt · 最終更新: 2017/04/02 19:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa