Recent changes RSS feed

平中物語

第35段 また男いささか人に言はれ騒がるることありけり・・・

校訂本文

また、男、いささか人に言はれ、騒がるることありけり。そのこと、いとものはかなき虚言(そらご)とを、あだめける人の作り出でて言へるなりけり。

さりければ、「かう、心憂きこと」と思ひなぐさめがてら、「心をやらむ」と思ひて、津の国の方へぞ行きける。

忍びて知る人のもとに、「かうてなむ罷(まか)る。憂きことなど、なぐさみやする」と言へりければ、

  世の憂きを思ひながすの浜ならばわれさへともに行くべきものを

とある返し。

  憂きことにいかで聞かじと祓へつつ違(ちが)へながすの浜ぞいざかし

とて去にけり。

行き着きて、長洲の浜に出でて、網引かせなど遊びけるに、うらうらと春なりければ、海、いとのどかになりて、夕暮れになるままに、いつの間にか思ひけむ、憂かりし京のみ恋しくなりゆきければ、思ひながめつつ、心の内に言はれける。

  はるばると見ゆる海辺をながむれば涙ぞ袖の潮と満ちける1)

とぞ、ながめ暮しける。

さて、その朝(あした)に、「さなむありし」と文(ふみ)に書きて、京の2)かの罷り申しせし人のもとに言ひたりける。女、

  渚なる袖まで潮は満ち来(く)とも葦火(あしび)焚く屋しあれば干(ひ)ぬらむ

などなむ、言ひおこせたりける。

さりければ、久しくも長居で、帰り来にけり。

翻刻

すみけりとおもひてたえにけるまた男
いささか人にいはれさはかるることありけり
そのこといとものはかなきそらことをあた
めける人のつくりいてていへるなりけり
さりけれはかう心うきことと思ひなくさめ
かてら心をやらむとおもひてつの国のかたへ
そいきけるしのひてしる人のもとにかうて
なむまかるうき事なとなくさみやする
といへりけれは
  世のうきをおもひなかすのはまならは
  我さへともにゆくへきものを/51ウ
とあるかへし
  うきことにいかてきかしとはらへつつち
  かへなかすのはまそいさかし
とていにけりいきつきてなかすのはまに
いててあみひかせなとあそひけるにうらうらと
春なりけれはうみいとのとかになりて
ゆふくれになるままにいつのまにかおもひけ
むうかりし京のみこひしくなりゆきけ
れはおもひなかめつつ心のうちにいはれける
  はるはるとみゆるうみへをなかんれはなみ
  たそそてのしほとみちけな/52オ
とそなかめくらしけるさてそのあした
にさなんありしとふみにかきて京かのまかり
まうしせし人のもとにいひたりける女
  なきさなるそてまてしほはみちくとも
  あしひたくやしあれはひぬらんなと
なんいひをこせたりけるさりけれはひさ
しくもなかゐてかへりきにけりさてこの男/52ウ
1)
「ける」は底本「けな」
2)
底本「の」なし。
text/heichu/heichu35.txt · 最終更新: 2017/01/24 15:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa