Recent changes RSS feed

平中物語

第33段 またこの男見通ひにして人目にはつれなうて・・・

校訂本文

また、この男、見通ひにして、人目にはつれなうて、内にはもの言ひ通はすことはあれど、会ふべきことは難くぞありける。

されば、思ひは離(か)れず、思ふものから、異女(ことをんな)ども、この男の親族(しぞく)の男なる、花摘みにぞ行きける。

さて、山にまじりて遊ぶに、この男の馬放れにけり。荒れて、さらに捕られざりければ、このごろ通はす女ぞ、「恐しくも、早りあるかな」。男。

春の野に荒れて捕られぬ駒よりも君が心ぞ懐(なづ)けわびぬる

女、返し。

取る袖の懐くばかりに見えばこそ摘み野の駒も荒れまさるらむ

翻刻

女いかか思ひけんあひかたらひにけり又この
おとこ見かよひにして人めにはつれなうて
うちにはものいひかよはすことはあれとあ
ふへきことはかたくそありけるされはおもひ
はかれすおもふものからこと女とんこのおとこ
のしそくのをとこなるはなつみにそいき
けるさて山にましりてあそふにこの男の
むまはなれにけりあれてさらにとられさり
けれはこのころかよはす女そおそろしくも/48オ
はやりあるかなおとこ
  はるの野にあれてとられぬこまよりも
  きみか心そなつけわひぬる
    女かへし
  とるそてのなつくはかりにみえはこそ
  つみののこまもあれまさるらん
text/heichu/heichu33.txt · 最終更新: 2017/01/17 15:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa