Recent changes RSS feed

平中物語

第28段 またこの男音聞きに聞き馴らしたる女をこの男のもとに・・・

校訂本文

また、この男、音聞きに聞き馴らしたる女を、この男のもとに1)来通ふ女も、行く所にぞありける。それを、この男の名を借りてぞ、そこに呼ばひする男ぞ2)ありける。この女、「かく通ふ人」とも言はであるほどに、会ひにけり。

住みける男、夜深く来ては、また暁に帰りなどす。かくて、ほど経にければ、この女ども。気色取りて、この女に、「誰ぞ、心憂くこれを言はざりけること」などぞ言ひければ、かの通ひける女ども、かの男のもとに来て、「かかりけることのありけるを、同じうは、われに言はで、心も知らぬたよりを求めけるかな」と言ひければ、この男、あやしく知らぬことなりければ、あらがひけるを、女ども怨(ゑ)じければ、男、「なほうかがひても見よ」と言ひけり。

さりければ、帰り来て、夜更くるまでうかがひて、その男の来て、もの言ふを聞きて、絶えて会はずなりぬ。そのかみ、この女、つかひと3)のもとに居(を)るところに、火を灯して見るに、まだ知らぬがあやしきぞ、集まり居りける。

かかれば、この女、来騒ぎてものしければ、この名借いたる男は、気色見て、出で走り去にけり。

言(こと)伝へける者・女ども、夜のうちに隠る。それをかの名借れる男は聞きて、「このことを聞きて、密(みそ)かに告げて、捕へさせで」と恨みて、「かの、はかられて、わびらるる人に」とて、

  東野の東屋に住む武士(もののふ)やわかなを萱(かや)にかり渡るらむ

女は思ひ恥ぢて、返り事もせず。

翻刻

あるへきとそおもひうしてやみにける又この男
おとききにききならしたる女をこのおとこの
このもとにきかよふ女もいくところにそありけ
るそれをこのおとこのなをかりてそそこに
よはひするをとこにそありけるこの女かくか
よふ人ともいはてあるほとにあひにけりすみ
けるをとこ夜ふかくきてはまたあかつきにかへり
なとすかくてほとへにけれはこの女とも気色/40ウ
とりてこの女にたれそ心うくこれをいは
さりけることなとそいひけれはかのかよひけ
る女とんかのをとこのもとにきてかかりける
ことのありけるをおなしうは我にいはて心も
しらぬたよりをもとめけるかなといひけれは
この男あやしくしらぬ事なりけれはあらか
ひけるを女とんゑしけれはおとこなをうかか
ひてもみよといひけりさりけれはかへりき
て夜ふくるまてうかかひてそのおとこの
きてものいふをききてたえてあはすなりぬそ
の神この女つかひとのもとにおるところに火/41オ
をとんしてみるにまたしらぬかあやしきそ
あつまりおりけるかかれはこの女きさわきて
ものしけれはこのなかいたるをとこはけ
しき見ていてはしりいにけりことつたへ
ける物女とんよのうちにかくるそれをかのな
かれるおとこはききてこのことをききてみそか
につけてとらへさせてとうらみてかのはかられ
てわひらるる人にとて
  あつまののあつまやにすんもののふや
  わかなをかやにかりわたるらむ
女はおもひはちてかへり事もせす又この男/41ウ
1)
底本「このおとこのこのもとに」。「この」を衍字と見て削除。
2)
「男ぞ」は。底本「をとこにぞ」。「に」は衍字とみて削除。
3)
未詳。「使人」、「遣戸(やりど)の誤訓」、「番ひ戸」等の説がある。
text/heichu/heichu28.txt · 最終更新: 2017/01/12 22:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa