Recent changes RSS feed

平中物語

第13段 この男言ひすさびにけるに□□□なりにけり・・・

校訂本文

この男、言ひすさびにけるに、□□□1)なりにけり。

さりければ、七日に河原に行きて遊びけるに、この男、夢ごと会ひて、見もえ会はせで、言(こと)のかよひは時々言ひかよはす人の車ぞ来て、河原に立ちにける。供なる人々、見て言ふを聞きて、男、「かう近きことの嬉しきこと。これをば天の川となん思ひぬる」など言ひはせて、男、

  彦星に今日はわが身をなしてしが暮れなば天の川渡るべく

と言はせたれば、2)女、見には見て、つつむ人などやありけん、「ただ暮れなば、かしこにを」と言ひて、去(い)にけり。

されば、「日や暮るる」と、いつしか行きて会ひにけり。

またのつとめて、男。

  天の川今宵も渡る瀬もやあると雲の空にぞ身はまどふべき

返し、女。

  七夕の会ふ日に会ひて天の川誰によりてか瀬を求むらむ

と言へり。

いたく人につつむ人なりければ、「わづらはし」とて、男、やみにけり。

翻刻

とのみいひやりてやみにけりこのおとこ
いひすさひにけるに□□□なりにけりさり
けれは七日にかはらにゆきてあそひけるに
このおとこゆめことあひて見もえあはせて
ことのかよひはときときいひかよはす人の車そ
きてかはらにたちにけるともなる人々みて
いふおききてをとこかうちかきことのうれし
きことこれをはあまのかはとなんおもひぬる
なといひはせておとこ
  ひこほしにけふはわか身をなしてしか
  くれなはあまのかはわたるへく/19ウ
とい□せたれは女見にはみてつつむ人なとや
ありけんたたくれなはかしこにをといひて
いにけりされはひやくるるといつしかいきて
あひにけり又のつとめておとこ
  あまのかはこよひもわたるせもやあると
  くものそらにそ身はまとふへき
    かへし女
  たなはたのあふひにあひてあまの河
  たれによりてかせをもとんらむ
といへりいたく人につつむ人なりけれはわつら
はしとてをとこやみにけり又このおなしをとこ/20オ
1)
底本、三字程度判読不能。「七月に」(萩谷朴)・「女はかなう」(目加田さくを)などの説がある。
2)
「言はせたれば」は、底本「い□せたれは」または、「いひ□せたれは」。
text/heichu/heichu13.txt · 最終更新: 2016/12/18 13:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa