Recent changes RSS feed

平中物語

第4段 またこの同じ男この二年ばかりもの言ひすさぶる人ぞありける・・・

校訂本文

また、この同じ男、この二年(ふたとせ)ばかり、もの言ひすさぶる人ぞありける。「いかで、なほ対面せむ」といふ心ぞ、せちにありける。

返り事に、女、かくなむ。

  わたつ海の底にあれたるみるめをば三年(みとせ)漕ぎてぞ海人(あま)は刈りける

男、返し

  うらみつつ春三返りを漕がむ間に命絶えずはさてややみなん

かかるほどに、この男、「死ぬべく病みてなむ」と告げければ、問はでやみにければ、さて、やみにけり。

翻刻

おもひてやみにけり又このおなし男
このふたとせはかりものいひすさふる人
そありけるいかてなをたいめんせむ
といふこころそせちにありける返ことに女
かくなん/10ウ
  わたつうみのそこにあれたるみるめを
  はみとせこきてそあまはかりける
    おとこかへし
  うらみつつはるみかへりをこかむまにいの
  ちたえすはさてややみなん
かかるほとにこのおとこしぬへくやみて
なむとつけけれはとはてやみにけれは
さてやみにけり又このおとこ正月のついたち/11オ
text/heichu/heichu04.txt · 最終更新: 2016/12/10 13:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa