ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju726

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

726 伶人助元府役懈怠のことによりて左近府の下倉に召し籠めらる・・・

校訂本文

伶人助元1)、府役懈怠(けだい)のことによりて、左近府の下倉(したくら)に召し籠めらる。「この下倉には、蛇蝎(だかつ)の住むなるものを」と恐れをなすところに、案のごとく、夜中ばかりに大蛇来たれり。頭(かしら)は獅子に似たり。眼(まなこ)は鋺(かなまり)のごとくにて、三尺ばかりなる下を差し出だして、大口を開きて、すでに飲まんとす。

助元、魂失せながら、最後と思ひ切りて、腰なる笛を抜き出でて、還城楽(げんじやうらく)2)の破を吹く。大蛇、来たりとどまりて、首を高くもて上げて、しばらく笛を聞く気色にて帰りにけり。

翻刻

伶人助元府役懈怠の事によりて左近府の
したくらにめしこめらるこの下倉には蛇蝎のすむ/s565r
なるものをとおそれをなすところにあむのこと
く夜中はかりに大蛇きたれりかしらは師子に
にたりまなこはかなまりのことくにて三尺はかり
なるしたをさしいたして大口をあきてすてに
のまんとす助元たましひうせなから最後とお
もひきりてこしなる笛をぬきいてて還城楽
破をふく大蛇きたりととまりてくひをたかく
もてあけてしはらく笛をきくけしきにてか
へりにけり/s565l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/565

1)
清原助元
2)
「見蛇楽」ともいう。


text/chomonju/s_chomonju726.txt · 最終更新: 2021/02/07 11:46 by Satoshi Nakagawa