ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju725

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

725 荘子山を過ぎ給ふに木を伐る者あり・・・

校訂本文

荘子、山を過ぎ給ふに、木を伐(き)る者あり。すぐなるをば伐りて、ゆがめるをば伐らず。また、人の家に宿り給ふに、雁二つあり。主(ぬし)、よく鳴くをば生けて、よく鳴かざるをば殺しつ。

明くる日、弟子、荘子に申していはく、「昨日の山中の木は、すぐなるをば伐りて、ゆがめるをば伐らず。また家の二雁は、よく鳴くばは生けて、鳴かざるは殺しつ。良き木も伐られ、良からざる雁も殺されぬ」と。荘子のいはく、「世の中のためし、これにあり」と答へ給へり。

文集1)の詩にいはく、

 木雁一篇須記取 (木雁の一篇すべからく記し取るべし)

 致身材与不材間 (身を致す材と不材との間)

とあるはこれなり。また、陸士衡2)が文賦には、

 在木闕不材之質 (木に在りては不材の質を闕き)

 処雁乏善鳴之分 (雁に処しては善鳴の分に乏し)

とも書けり。

また、藤原篤茂が長句には、

 昨日山中之木、材取諸己 (昨日の山中の木、材は諸(これ)を己に取り)

 今日庭前之花、詞慚於人 (今日の庭前の花、詞は人に慚づ)

この一篇などは、禽獣の部に入るべきにあらず。さりながら、二雁のためしに注(しる)し入れ侍るなり。

翻刻

庄子山をすき給に木をきるものありすくなる
をはきりてゆかめるをはきらす又人の家にやと
り給に雁二ありぬしよくなくをはいけてよくなか
さるをはころしつあくる日弟子庄子に申云昨日の
山中の木はすくなるをはきりてゆかめるをはきら
す又家の二雁はよくなくをはいけてなかさるはころ
しつよき木もきられよからさる雁もころされぬと/s564l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/564

庄子のいはく世中のためしこれにありとこたへ給へ
り 文集詩云
 木雁一篇須記取 致身材与不材間と
あるは是なり又陸士衡か文賦ニハ
 在木闕不材之質 処雁乏善鳴之分
ともかけり又藤原篤茂か長句ニハ
 昨日山中之木材取諸己今日庭前之花詞慚於人
此一篇なとは禽獣の部に入へきにあらすさりな
から二雁のためしに注入侍なり/s565r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/565

1)
白氏文集
2)
陸機


text/chomonju/s_chomonju725.txt · 最終更新: 2021/02/04 23:05 by Satoshi Nakagawa