ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju721

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

721 院の御随身右府生秦頼方都鳥をある殿上人に参らせたるを・・・

校訂本文

1)の御随身右府生秦頼方、都鳥(みやこどり)をある殿上人に参らせたるを、成季2)にあづけられて侍り。食ひ物なども知らで、よろづの虫を食はせ侍るも所せく覚えて、ゆゆしきもの飼ひなるによりて、小田河美作入道茂平3)がもとへやりて飼はせ侍りしを、建長六年十二月二十日、節分の御方違(かたたがへ)のために、前相国4)の富小路亭に行幸なりて、次の日一日御逗留ありし。相国、かの都鳥を召して叡覧にそなへられけり。

「返しつかはす」とて、少将の内侍、紅の薄様に歌を書きて、鳥に付けて侍りける。

  春にあふ心は花の都鳥のどけき御代のことや問はまし

大臣(おとど)、また女房に代はりて、檀紙に書きて、同じく結び付けける。

  隅田川住むとし聞きし都鳥今日は雲井の上に見るかな

このことを兼直宿禰5)伝へ聞きて、本主に申し乞ひて見侍りて、返すとて、

 都鳥芳名、昔聞万里之跡。(都鳥の芳名、昔万里の跡に聞く。)

 薇禽奇体、今逐一見之望。(薇禽の奇体、今一見の望みを逐ぐ。)

 畏悦之余、謹述心緒而已。(畏みてこれを悦ぶ余り、謹みて心緒を述ぶるのみ。)

  にごりなき御代にあひ見る隅田川すみける鳥の名を尋ねつつ

前参河守卜部兼直上

翻刻

院御随身右府生秦頼方みやことりをある殿上
人にまいらせたるを成季にあつけられて侍りく
ひ物なともしらてよろつのむしをくはせ侍も所せ
くおほえてゆゆしきものかいなるによりて小田河美
作入道茂平かもとへやりてかはせ侍しを建長六年
十二月廿日節分の御方違のために前相国の冨小路
亭に行幸なりて次日一日御逗留ありし相国彼
みやこ鳥をめして叡覧にそなへられけり返し
つかはすとて少将内侍紅のうすやうに哥をかきて
鳥につけて侍ける
 春にあふ心ははなのみやこ鳥のとけき御代のことやとはまし/s559l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/559

おとと又女房にかはりて檀紙にかきておなしくむす
ひつけける
 すみた川すむとしききし宮こ鳥けふは雲井のうへに見るかな
此の事を兼直宿禰つたへききて本主に申こひて
見侍て返すとて
  都鳥芳名昔聞万里之跡薇禽奇体今
  逐一見之望畏悦之餘謹述心緒而已
 にこりなき御代にあひみるすみた川すみける鳥の名をたつねつつ
               前参河守卜部兼直上/s560r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/560

1)
後嵯峨上皇
2)
橘成季。『古今著聞集』の作者。
3)
小早川茂平
4)
藤原実氏
5)
卜部兼直


text/chomonju/s_chomonju721.txt · 最終更新: 2021/01/30 21:52 by Satoshi Nakagawa