ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju719

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

719 阿波国に智願上人とて国中に帰依する上人あり・・・

校訂本文

阿波国に、智願上人とて国中に帰依する上人あり。乳母(めのと)なりける尼死に侍りて後、上人のもとに、思はざるに駄を一疋まうけたりけり。これに乗りて歩(あり)くに、道の速きのみにあらず、悪しき道を行き川を渡る時も危ふきことなく、急ぐ要事ある時は、鞭(むち)の影を見ねども早く行き、のどかに思ふ時は静かなり。

ことにおきてありがたく思ふさまなるほどに、この馬、ほどなく死ににければ、上人惜しみ歎きけるほどに、また少しもたがはぬ馬出で来にければ、上人喜びて、さきのやうに秘蔵して乗り歩きけるに、ある尼に霊つきて、怪しかりければ、「誰人の何事におはしたるぞ」と問ひければ、われは上人の御乳母なりし尼なり。上人の御事をあまりにおろかならず思ひ奉りしゆゑに、馬となりて久しく上人を負ひ奉りて、つゆも御心にたがはさりき。ほどなく生を変へて侍りしかども、聖なほ忘れがたく思ひ奉りしゆゑに、また同じさまなる馬となりて、今もこれに侍るなり」と言ふ。

上人、これを聞くに、年ごろも怪しく思ひし馬のさまなれば、思ひ合はせらるることどもあはれに覚えて、堂を建て仏を作り供養して、かの菩提をとぶらはれけり。馬をばゆゆしくいたはりてぞ置きたりける。

執心の深きゆゑに、再び馬に生まれて心ざしをあらはしける、いとあはれなり。これ建長のころのことなれば、今のことなり。

翻刻

阿波国に智願上人とて国中に帰依する上人あり
めのとなりける尼しに侍て後上人のもとにおもは
さるに駄を一疋まうけたりけりこれにのりてあ
りくに道のはやきのみにあらすあしきみちをゆき
河をわたる時もあやうきことなくいそく要事ある
ときはむちのかけをみねともはやくゆきのとかに
おもふ時はしつかなりことにをきてありかたくおもふ
さまなるほとにこのむまほとなくしににけれは上人
おしみなけきけるほとに又すこしもたかはぬ馬いて
きにけれは上人よろこひてさきのやうに秘蔵して
のりありきけるにある尼に霊つきてあやし/s557l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/557

かりけれはたれ人のなにことにおはしたるそととひけ
れは我は上人の御めのとなりし尼也上人の御事を
あまりにをろかならすおもひたてまつりしゆへに
馬となりてひさしく上人をおいたてまつりてつゆ
も御心にたかはさりきほとなく生をかへて侍し
かともひしり猶わすれかたく思たてまつりしゆへに又
おなしさまなる馬となりていまもこれに侍なりと
いふ上人これをきくにとしころもあやしくおもひし
馬のさまなれは思ひあはせらるる事ともあはれにお
ほえて堂をたて仏をつくり供養してかの菩提
をとふらはれけり馬をはゆゆしくいたはりてそをきたり/s558r
ける執心のふかきゆへにふたたひ馬にむまれて心
さしをあらはしけるいとあはれなりこれ建長の比の
事なれはいまの事也/s558l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/558



text/chomonju/s_chomonju719.txt · 最終更新: 2021/01/30 12:02 by Satoshi Nakagawa