ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju712

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

712 伊勢国別保といふ所へ前刑部少輔忠盛朝臣下りたりけるに・・・

校訂本文

伊勢国別保といふ所へ、前刑部少輔忠盛朝臣1)下りたりけるに、浦人、日ごとに網を引きけるに、ある日大きなる魚の、頭(かしら)は人のやうにてありながら、歯は細かにて魚にたがはず、口さし出でて猿に似たりけり。身は世の常の魚にてありけるを、三隻引き出だしたりけるを、二人して担ひたりけるが、尾なほ土に多く引かれてけり。人の近く寄りければ、高くをめく声、人のごとし。また涙を流すも人に変はらず。驚きあさみて、二隻をば忠成朝臣のもとへ持て行き。一隻をば浦人取りてけり。

忠成朝臣、恐れ思ひけるにや、すなはち浦人に返してければ、浦人、みな切り食ひてけり。されども、あへてことなし。その味はひ、ことによかりけるとぞ。

人魚といふなるは、これ体(てい)の物なるにや。

翻刻

伊勢国別保といふ所へ前刑部少輔忠盛朝臣くたり
たりけるに浦人日ことに網をひきけるに或日大なる/s553r
魚のかしらは人のやうにてありなからははこまかにて
魚にたかはす口さしいてて猿ににたりけり身はよのつ
ねの魚にてありけるを三隻ひきいたしたりける
を二人してにないたりけるか尾猶つちにおほくひか
れてけり人のちかくよりけれはたかくをめくこゑ人の
ことし又涙をなかすも人にかはらすおとろきあさ
みて二隻をは忠成朝臣のもとへもてゆき一隻を
は浦人とりてけり忠成朝臣おそれ思けるにや
すなはち浦人にかへしてけれはうら人みなきりく
ひてけりされともあへてことなしそのあちはひことに
よかりけるとそ人魚といふなるはこれていの物なるにや/s553l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/553

1)
平忠盛


text/chomonju/s_chomonju712.txt · 最終更新: 2021/01/27 18:37 by Satoshi Nakagawa