ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju709

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

709 宮内卿業光卿のもとに盃酌のことありけるに炭櫃の辺に螺を多く・・・

校訂本文

宮内卿業光卿1)のもとに盃酌のことありけるに、炭櫃(すびつ)の辺に螺(にし)を多く取り置きたりけるに、亭主、酒に酔(ゑ)いて、その炭櫃を枕にして寝入りにけり。

その夜の夢に、小さき尼、その数多く炭櫃の辺に並みゐて、面々に泣き悲しみて、さまざまくどきごと2)をしけり。おどろきて見れば、ものもなし。また寝入れば、さきのごとくに見ゆ。かくて、たびたびになりけれども、おほかたその心を得ぬに、暁にのぞみて、また目をもて開けて見るに、螺の中に小尼少々混りて、うつつに見えて、やがて失せにけり。驚きあさみて、それより長く螺をば食はざりけり。

また、右近大夫信光3)といひし者は、蛤(はまぐり)をこのやうに夢に見て、みな放ちたりけるとかや。螺・蛤は、まさしく生きたるを食ひ侍れば、かく夢にも見ゆるにこそ。無慚(むざん)のことなり。

翻刻

宮内卿業光卿のもとに盃酌の事ありけるにすひ/s551r
つの辺ににしをおほくとりをきたりけるに亭主酒
にゑいてそのすひつを枕にしてねいりにけり其夜の
夢にちいさき尼そのかすおほくすひつの辺になみ
ゐて面々になきかなしみてさまさまくときいとをし
けりおとろきて見れはものもなし又ねいれはさきの
ことくにみゆかくてたひたひになりけれともおほかた
その心をえぬにあか月にのそみて又めをもてあけ
て見るににしの中に小尼せうせうましりてうつつに
見えてやかてうせにけりおとろきあさみてそれ
よりなかくにしをはくはさりけり又右近大夫信光
といひしものははまくりをこのやうにゆめに見てみな/s551l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/551

はなちたりけるとかやにしはまくりはまさしくいき
たるをくひ侍れはかく夢にも見ゆるにこそむさん
の事也/s552r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/552

1)
平業光
2)
「ごと」は底本「いと」。諸本により訂正。
3)
藤原信光


text/chomonju/s_chomonju709.txt · 最終更新: 2021/01/26 22:32 by Satoshi Nakagawa