ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju705

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

705 後久我太政大臣家におもながといふ鵯のありけるを・・・

校訂本文

後久我太政大臣1)家に、「おもなが」といふ鵯(ひよどり)のありけるを、家隆卿2)所望せられけるを、大臣(おとど)しばしつきみ給ひければ、詠みてつかはしける、

  いかにせむ山鳥のおも長き夜を老いの寝覚めに恋ひつつぞ泣く

すなはち、使につけて送られけり。さだめて返しありけむかし。尋ねて記すべし。

翻刻

後久我太政大臣家におもなかといふ鵯のありけるを
家隆卿所望せられけるをおととしはしつきみたま
ひけれはよみてつかはしける
 いかにせむ山鳥のおも長夜を老のねさめに恋つつそなく
すなはち使につけてをくられけりさためてかへしあり
けむかしたつねてしるすへし/s549l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/549

1)
源通光
2)
藤原家隆


text/chomonju/s_chomonju705.txt · 最終更新: 2021/01/24 13:16 by Satoshi Nakagawa