ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju704

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

704 宮内卿家隆卿秘蔵の鵯荻の葉といふを子息の侍従隆祐にあづけて・・・

校訂本文

宮内卿家隆卿1)、秘蔵の鵯(ひよどり)荻の葉といふを、子息の侍従隆祐2)にあづけて飼はせけるを、侍従、住吉へ3)持ちて下りたりけるを、取り4)にやるとて、葉山といふ鳥を代りにやりたりければ、侍従、「荻の葉を送る」とて、鳥に付け侍りける、

  凉しさはは山のかげも変はらねどなほ吹き送れ荻の上風(うはかぜ)

この歌を感じて、やがてまた荻の葉を返しやるとて、

宮内卿

  これもまたあきの心ぞ頼まれぬ葉山にかはる荻の上風

翻刻

宮内卿家隆卿秘蔵の鵯おきの葉といふを子息の
侍従隆祐にあつけてかはせけるを侍従すみよふもち
てくたりたりけるをともにやるとては山といふ鳥を
かはりにやりたりけれは侍従おきの葉を送ると
て鳥につけ侍ける
 すすしさはは山のかけもかはらねと猶ふきをくれ荻のうは風/s549r
この哥を感してやかて又おきの葉をかへしやるとて
          宮内卿
 これも又秋の心そたのまれぬ葉山にかはるおきのうは風/s549l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/549

1)
藤原家隆
2)
藤原隆祐
3)
住吉大社。「住吉へ」は底本「すみよふ」。諸本により訂正。
4)
「取り」は底本「とも」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju704.txt · 最終更新: 2021/01/24 12:59 by Satoshi Nakagawa