ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju695

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

695 渡辺に往年の堂あり・・・

校訂本文

渡辺に往年の堂あり。薬師堂とぞいふなる。源三左衛門翔(かける)1)が先祖の氏寺なり。

番(つごう)2)の馬允が時、この堂を修理しけるに、もと柿葺(こけらぶ)きにてありけるが、年久くなりて、みな朽ち腐りて侍りけるを、葺きかへんとて、上(うへ)を取り破りて侍りけるに、大きなる蛇(くちなは)ありけり。何とかしたりけん、大きなる釘に打ち付けられて、年ごろはたらきもせで、かくてありけるなり。

その時、この堂建立の年紀を数ふれば、六十余年になりにけり。その間、かく打ち付けられながら生きてありける命長さ、恐しきことなり。その蛇のありける下の裏板は、油磨きなどしたるやうにて、きらめきたりけり。いかなるゆゑにか、おぼつかなし。

これはまさしく翔が語りけるなり。

翻刻

渡辺に往年の堂あり薬師堂とそいふなる源
三左衛門かけるか先祖の氏寺也つかふの馬允か時こ
の堂を修理しけるにもとこけらふきにてありけ
るか年久くなりてみなくちくさりて侍けるを
葺かへんとてうへをとりやふりて侍けるに大なる
くちなはありけりなにとかしたりけんおほきなる
釘にうちつけられてとし比はたらきもせてかくて
ありける也其時この堂建立の年紀をかそふれは
六十余年になりにけり其あひたかくうちつけ
られなからいきてありける命なかさおそろしき/s542l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/542

事也その蛇のありけるしたのうらいたはあふらみか
きなとしたるやうにてきらめきたりけりいかな
る故にかおほつかなしこれはまさしくかけるかかたりけるなり/s543r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/543

1)
源翔
2)
源番


text/chomonju/s_chomonju695.txt · 最終更新: 2021/01/21 22:36 by Satoshi Nakagawa