ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju694

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

694 摂津国ふきやといふ所に下女ありけり夏昼寝したりけるに・・・

校訂本文

摂津国ふきやといふ所に、下女ありけり。夏、昼寝したりけるに、家の垂木(たるき)に大きなる蛇(くちなは)まとひつきてありけり。この女の上にて、尾をば垂木にまとひて、頭を下げて落ちかからんとしけるが、また引き返し引き返しすることたびたびになりにけり。

夫、「不思議のやうかな」と思ひて、「ことのやう見はてん」と思ひて、追ひも退(の)けずして、隠れよりのぞきゐたり。かくたびたびしけれども、いかにも落ちかからざりければ、あやしくて女を寄りて見れば、帷(かたびら)の胸に大きなる針を刺したりけるが、きらきらとして見えけり。「もし、これに恐るるか」と思ひて、針を抜きて、またもとの所にて見るに、やがて蛇落ちかかりにけり。その時寄りて、うち放ちつ。

すなはち女おどろきて語りけるは、「夢にもあらず、うつつにもあらで、美しき男の来て、われを懸想(けさう)しつるを、なんぢ来て、追ひ妨げつるなり」とぞ言ひける。

されば、人の身には、鉄のたぐひをば必ず持つべきなり。わづかなる針にだに毒虫恐れをなすことかかり。いはんや太刀においてをや。必ず武勇を立てずとも、守りのために持つべきことなり。

翻刻

摂津国ふきやといふ所に下女ありけり夏ひるねした
りけるに家のたるきに大なるくちなはまとひつき
てありけり此女のうへにて尾をはたるきにまと
ひて頭をさけて落かからんとしけるか又ひきひか
へしひきかへしする事たひたひになりにけり夫ふしきの
やうかなとおもひてことのやう見はてんと思て追も
のけすしてかくれよりのそき居たりかくたひたひし
けれともいかにも落かからさりけれはあやしくて女を/s541l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/541

よりてみれはかたひらのむねに大なる針をさしたり
けるかきらきらとしてみえけりもしこれに恐るるかと
思て針をぬきて又もとの所にてみるにやかてくち
なはおちかかりにけり其時よりてうちはなちつ
すなはち女おとろきてかたりけるは夢にもあら
すうつつにもあらてうつくしき男のきてわれを
けさうしつるをなんちきてをひさまたけつるなり
とそいひけるされは人の身には鉄のたくひをは必
もつへきなりわつかなる針にたに毒虫おそれ
をなすことかかりいはんや太刀においてをやかなら
す武勇をたてすともまもりのためにもつへ/s542r
き事也/s542l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/542



text/chomonju/s_chomonju694.txt · 最終更新: 2021/01/19 21:20 by Satoshi Nakagawa