ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju690

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

690 承安二年五月二日東山の仙洞にて鵯合のことありけり・・・

校訂本文

承安二年五月二日、東山の仙洞にて鵯合(ひよどりあはせ)のことありけり。公卿・侍臣・僧徒上下の北面の輩(ともがら)、常に祗候(しこう)の者ども、左右を分かたれたり。左方の頭、内蔵頭親信朝臣1)、右方の頭、右近中将定能朝臣2)なり。

前夜、寝殿の巽(たつみ)にあたりて、地台一面を置く。五節の造り物の台のごとし。款冬(やまぶき)3)を結びて植ゑたり。その上に銀の賢木(さかき)4)を栽(う)ゑて、葉柯(えふか)に用ゐて、銀台をすゑたり。高さ八尺ばかりなり。色どりて藤の花を結びてかけたり。葉柯の南に玉の鵯籠を置く。その北に銀の鵯を入れて置く。仮屋(かりや)の東の砌(みぎり)に、第一の間にあたりて挿花の台を立てて、勝負の算とす。その北に錦の円座を敷きて、太鼓・鉦鼓を立つ。仮屋の艮(うしとら)に盧橘(ろきつ)の樹を作りて植ゑたり。同じく北の妻には、薔薇を作りて栽ゑたり。東の砌には、松樹に藤をかけて植ゑたり。そのほか、牡丹・款冬などを作りて栽ゑたり。

左方の念人(ねんにん)、御前に参集す。右方の念人は蓮華王院に集会しけり。おのおの皆参の後、列参して、西南の門より入りて、殿上に参着しけり。ただし公卿のほかは着かず。右方の頭、中将定能朝臣、事具するよしを奏す。すなはち法皇5)出御ありて、人を召す。権右中弁経房朝臣6)、仰せを承りて、早く始むべきよしを仰す。その後、卿相(けいしやう)以下、西の中門の外(ほか)に下り立ちけり。まづ左方の念人着座。次に右方の念人、西の中門を入りて参進の間、参り音声(おんじやう)あり。竹屋を作りて、黒木の屋に擬して、春日詣に准じけり。新源中納言7)、拍子をとりて、「春日なる御堂の山のあおやまの」と歌ふ。右中将定能朝臣、篳篥(ひちりき)を吹く。右少将雅賢8)、和琴を弾ず。府の随身二人(壺脛巾、乱緒を着す)、和琴をかく。件(くだん)の両人、まま助音(じよいん)しけり。また陪従信綱も同じく付けけり。右兵衛佐基範9)、笛を吹く。念人の中、雅賢朝臣・基範・侍従家保等、舞人の装束をして参進す。見る人嗟嘆(さたん)せずといふことなし。

念人等、右に着座の後、左右の頭を召す。左方、伊予守親信朝臣、右方、右中将定能朝臣、御前に参る。左右の鳥、同時に持参すべきよしを仰す。すなはち両方の鳥を持参して、南の階(はし)の間の簀子(すのこ)に置く。一番、左、右衛門督10)の鳥、字(あざな)無名丸。左少将盛頼朝臣11)持参す。右、五条大納言12)の鳥、字千与丸。右少将雅賢朝臣持参す。左右ともにうそ13)を吹く。その興なきにあらず。

「勝負いかやうに見ゆるや」のよし、定能朝臣をもて尋ね仰せられければ、「右の鳥、終頭理ありといへども、中間にまた左の鳥理を得たり。かつまた、一番右勝つ恐れあり」とて、左右持(ぢ)に定め14)られにけり。よつて、両方数をさす。左方の算判蔵人右少弁親宗15)、銀の鵯一羽取りて(兼て方屋の内に置く)、参進して葉柯に付く。次に雅賢朝臣、まづ挿冠(かざし)の花を抜きて、錦の円座に付く。次に鳥を取りて退き入る。盛頼朝臣、同じく鳥を取りて退き入る。その後、十二番ありけり。左方勝ち四番、右方勝ち二番、持六番なり。

次に左方、楽器を立つ。次に楽人参進して楽を奏す。次に陵王16)(醍醐の童云々)、陵王の終頭に、右方より定能朝臣をもて、「かくのごときの興遊に、左右勝負舞を奏すること先例あり。いかやうに存ずべきや」のよし奏しければ、用意のこと等、右懃仕(ごんし)すべきのよし仰せられけり。次に納蘇利(なそり)を奏す。右近の将曹多好方・右近の多成長等つかうまつりけり。次に右方の楽人、散楽北面の下臈等、錦の地鋪(ぢしき)を庭上(ていしやう)に敷きて舞台に擬す。妓女二人、甘州(かんしう)を舞ふ。負方、妓女の舞を奏すること、いはれなきことなれども、用意のこと懃仕すべきよし仰せ下さるる間、奏しけるなり。源中納言、羯鼓を打ちて高く唱歌ありけり。この間、盃を羞(すす)む。右の方人、座を立ちて退去して、中門の廊辺に徘徊しけり。次に左右の歌女(うたひめ)唱歌、舞妓なほ舞ふ。興遊にたへず。公卿以下、庭上にて乱舞ありけり。一日の放宴を為すといへども、定めて万代の美談を備ふるか。

昏黒こと了(おはり)て17)、おのおの退出のこと、中御門左大臣殿18)の御尋ねによりて、奉行人経房朝臣書きて奉りけるなり。

翻刻

承安二年五月二日東山仙洞にて鵯合のことあり
けり公卿侍臣僧徒上下の北面の輩つねに祗候の
ものとも左右をわかたれたり左方頭内蔵頭親信
朝臣右方頭右近中将定能朝臣也前夜寝殿の
巽にあたりて地臺一面ををく五節造物の臺のこと
し款冬をむすひてうへたり其上に銀の賢木を栽て/s537r
葉柯に用て銀臺をすへたりたかさ八尺はかり也
色とりて藤花をむすひてかけたり葉柯の南に
玉の鵯籠ををくその北に銀鵯をいれてをくかりや
の東砌に第一の間にあたりて挿花臺をたてて勝
負の算とす其北に錦円座を敷て大鼓鉦鼓
をたつ仮屋の艮に盧橘樹をつくりてうへたり
同北妻には薔薇をつくりて栽たり東砌には松樹
に藤をかけてうへたり其外牡丹款冬なとをつくり
て栽たり左方の念人御前に参集す右方念人は
蓮花王院に集会しけり各皆参の後列参し
て西南の門より入て殿上に参着しけり但/s537l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/537

公卿のほかはつかす右方頭中将定能朝臣事具す
るよしを奏す即法皇出御ありて人をめす権
右中弁経房朝臣仰をうけたまはりて早くはし
むへき由を仰す其後卿相以下西中門のほかに
くたり立けり先左方念人着座次右方念人
西中門を入て参進のあひたまいり音声あり竹
屋をつくりて黒木の屋に擬して春日詣に准し
けり新源中納言拍子をとりて春日なる御堂の
山のあをやまのとうたふ右中将定能朝臣篳篥
をふく右少将雅賢和琴を弾す府随身二人(壺脛巾/着乱緒)
和琴をかく件両人間助音しけり又陪従信綱もおな/s538r
しくつけけり右兵衛佐基範笛をふく念人中
雅賢朝臣基範侍従家保等舞人の装束をし
て参進見る人嗟嘆せすといふことなし念人等右着
座の後左右の頭をめす左方伊予守親信朝臣右
方右中将定能朝臣御前にまいる左右の鳥同時に
持参すへきよしを仰す即両方の鳥を持参し
て南階の間のすのこにをく一番左右衛門督の鳥
字無名丸左少将盛頼朝臣持参す右五条大納言
の鳥字千与丸右少将雅賢朝臣持参す左右とも
にこそをふく其興なきにあらす勝負いかやうに
みゆるやのよし定能朝臣をもてたつね仰られけれは/s538l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/538

右のとり終頭理ありといへとも中間に又左の鳥理
をえたり且又一番右勝恐ありとて左右持にうため
られにけり仍両方かすをさす左方の算判蔵人
右少弁親宗銀鵯一羽とりて(兼置/方屋内)参進して葉
柯につく次雅賢朝臣先挿冠の花をぬきて
錦円座につく次鳥をとりて退入盛頼朝臣おなし
く鳥をとりてしりそき入其後十二番ありけり左方
勝四番右方勝二番持六番也次左方楽器をたつ
次楽人参進して楽を奏す次陵王(醍醐童云々)陵王
の終頭に右方より定能朝臣をもて如此の興遊
に左右勝負舞を奏する事先例ありいかやうに可/s539r
存哉之由奏しけれは用意の事等右可懃仕之由おほ
せられけり次納蘇利を奏す右近将曹多好方右近多
成長等つかうまつりけり次右方楽人散楽北面下臈
等錦の地鋪を庭上に敷て舞臺に擬す妓女二人
甘州をまふ負方妓女舞を奏する事いはれなき
事なれとも用意のこと懃仕すへきよし仰下さるる
あひた奏しける也源中納言羯鼓をうちてたかく
唱哥ありけり此間羞盃右方人座を立て退去
して中門廊辺に徘徊しけり次左右歌女唱歌
舞妓猶舞興遊にたへす公卿已下庭上にて乱
舞ありけり雖為一日之放宴定備万代之美談/s539l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/539

歟昏黒事うおのおの退出の事中御門左大臣殿の
御尋によりて奉行人経房朝臣書てたてまつ
りける也/s540r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/540

1)
藤原親信
2)
藤原定能
3)
山吹
4)
5)
後白河上皇
6)
藤原経房
7)
源資賢
8)
藤原雅賢
9)
藤原基範
10)
平宗盛
11)
藤原盛頼
12)
藤原邦綱
13)
「うそ」は底本「こそ」。諸本により訂正。
14)
「定め」は底本「うため」。諸本により訂正。
15)
平近宗
16)
羅陵王
17)
「了」は底本「う」。諸本により訂正。
18)
藤原経宗


text/chomonju/s_chomonju690.txt · 最終更新: 2021/01/18 01:28 by Satoshi Nakagawa