ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju688

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

688 久安のころ毛生ひたる亀を西国の人知足院殿へ参らせたりけり・・・

校訂本文

久安のころ、毛生ひたる亀を、西国の人、知足院殿1)へ参らせたりけり。甲三寸ばかりなり。その上に青色の毛生ひたり。長さ一寸およべり。瑞亀とぞ沙汰ありける。

宇治の左府2)、見させ給ひける時は、冠・直衣にてぞおはしましける。

翻刻

久安の比毛生たる亀を西国の人知足院殿へま
いらせたりけり甲三寸はかり也其上に青色の毛を
いたりなかさ一寸をよへり瑞亀とそ沙汰ありける
宇治左府見させ給ける時は冠直衣にてそおは
しましける/s536l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/536

1)
藤原忠実
2)
藤原頼長


text/chomonju/s_chomonju688.txt · 最終更新: 2021/01/17 12:17 by Satoshi Nakagawa