ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju685

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

685 同じき二年冬のころ石見守宗季唐の鷹をまうけたりける・・・

校訂本文

同じき1)二年冬のころ、石見守宗季、唐の鷹をまうけたりける。脛(はぎ)高くて尾短かくして、世の常のにも似ざりけり。足緒なども付きたりけるは、人の飼ひたりけるにこそ。

人にあづけて飼はせけるほどに、飼ひ損じにければ、院2)より召されけれども、参らせざりけり。

翻刻

同二年冬の比石見守宗季唐の鷹をまうけたり
けるはきたかくて尾みしかくしてよのつねのにも
似さりけり足緒なともつきたりけるは人の飼たりけ
るにこそ人にあつけてかはせける程に飼損しに
けれは院よりめされけれともまいらせさりけり/s536r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/536

1)
嘉保。684参照。
2)
白河上皇


text/chomonju/s_chomonju685.txt · 最終更新: 2021/01/16 18:44 by Satoshi Nakagawa