ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju667

古今著聞集 草木第二十九

667 二品の綾小路壬生の家に鞠の懸に柳三本ありけり・・・

校訂本文

二品(時賢卿)1)の綾小路壬生の家に、鞠の懸(かかり)に柳三本ありけり。そのうち戌亥のすみの木に、烏、巣をくひ侍りけるを、いかが思ひけむ、その烏、その巣を運びて、向ひの桃の木に作りてけり。

人々、怪しみあへりけるほどに、一両日を経て、関白殿2)より柳を召されたりけり。二品、その時他所にゐられたりけるほどなりければ、御使向ひて御教書(みげうしよ)を付けたりければ、すみやかに向かひて、「いづれにても、はからひて掘りて参るべき」よし、言ひければ、御使、かの亭に向ひて、その柳のうち二本を掘りて参るうち、烏の巣くひたりし木をむねと掘りてけり。烏はこのことをかねて悟りけるにこそ。

さて、この木、一条殿に植ゑられたりけるが、二本ながら枯れにけり。それに本所に今一本残りたるも、同じく枯れにける、おぼつかなきことなり。友木枯るれば3)かかることにや。

近く滋野井(しげのゐ)の柳を一本他所へ移し植ゑたりけるにも、この定(ぢやう)に残りの木ゆゑなく枯れたりけるとぞ。

翻刻

二品(時賢卿)の綾少路壬生の家に鞠の懸に柳三本
ありけり其内戌亥のすみの木に烏すをくひ
侍けるをいかか思けむその烏そのすをはこひて
むかひの桃木に作てけり人々あやしみあへりけるほ
とに一両日をへて関白殿より柳をめされたりけり
二品その時他所にゐられたりける程なりけれは御/s524l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/524

使向て御教書を付たりけれはすみやかにむかひて
いつれにてもはからひてほりてまいるへきよしいひ
けれは御使彼亭に向てその柳のうち二本をほり
てまいるうち烏のすくひたりし木をむねとほり
てけり烏はこの事をかねてさとりけるにこそ
さて此木一条殿にうへられたりけるか二本な
からかれにけりそれに本所にいま一本のこりたるも
同かれにけるおほつかなき事也友木かなれはかかる
事にやちかく滋野井の柳を一本他所へうつしう
へたりけるにも此定にのこりの木ゆへなくかれ
たりけるとそ/s525r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/525

1)
源時賢
2)
近衛家実
3)
「枯るれば」は底本「かなれは」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju667.txt · 最終更新: 2021/01/11 18:15 by Satoshi Nakagawa