ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju666

古今著聞集 草木第二十九

666 後堀河院御位の時嘉禄二年九月十一日例幣に頭中将宣経朝臣以下・・・

校訂本文

後堀河院1)御位の時、嘉禄二年九月十一日、例幣(れいへい)に頭中将宣経2)朝臣以下、職事(しきじ)ども参りて出御待つほど、人々、鬼の間に集まりゐて、何となき物語しけるに、大盤所には内侍ども・さらぬ女房たちも候ひけり。渡殿(わたどの)には貫首(くわんじゆ)にしたがひたる蔵人ども並びゐて、内も外(と)もなくさまざまの物語言ひかはすに、少将の内侍、台盤所の御つぼの楓(かへで)の木を見出だして、「この楓に、初紅葉(はつもみぢ)3)のしたりしこそ失せにけれ」と言ひたりけるを、頭中将聞きて、「いづれの方にか候ひけむ」とて、梢を見上げければ、人々もみな目を付けて見けるに、蔵人永継4)、とりもあへず、「西の枝にこそ候ひけめ」と申したりけるを、右中将実忠朝臣5)、御剣の役のために参りて同じくその所に候ひけるが、この言を感じて、「このごろは、これほどのことも心とくうち出づる人はかたきにてあるに、優(いう)に候ふものかな」とて、うちうめきたるに、人々みな入興(じゆきよう)して、満座感歎しけり。

まことに、とりあへず言ひ出づるも、また聞きとがむるも、いと優にぞ侍りける。『古今6)』の歌に、

  おなじ枝を分きて木の葉の色づくは西こそ秋の初めなりけれ

と侍るを7)思はえて言へりけるなるべし。

翻刻

後堀河院御位の時嘉禄二年九月十一日例幣に
頭中将宣維朝臣以下職事ともまいりて出御まつ
程人々鬼間にあつまりゐて何となき物語しける
に大盤所には内侍共さらぬ女房たちも候けり/s523l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/523

わた殿には貫首にしたかひたる蔵人ともならひ
ゐてうちもともなくさまさまの物かたりいひかはすに
少将内侍臺盤所の御つほのかゑての木をみ出して
このかえてにはつらみちのしたりしこそうせにけれ
といひたりけるを頭中将ききていつれの方にか
候けむとて梢を見あけけれは人々もみなめをつけ
てみけるに蔵人永継とりもあへす西の枝にこそ
候けめと申たりけるを右中将実忠朝臣御剱
の役のためにまいりておなしくその所に候けるか
此言を感して此比はこれほとの事も心とくうち
いつる人はかたきにてあるに優に候ものかな/s524r
とてうちうめきたるに人々みな入興して満座
感歎しけりまことにとりあへすいひいつるも又
ききとかむるもいと優にそ侍ける古今哥におなし
枝をわきて木のはの色つくはにしこそ秋のはしめ
なりけれとおもはへていへりけるなるへし/s524l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/524

1)
後堀河天皇
2)
藤原宣経。底本「宣維」。諸本により訂正。
3)
「はつもみぢ」は底本「はつらみち」。諸本により訂正。
4)
藤原永継
5)
藤原実忠
6)
古今和歌集
7)
底本「侍るを」なし。諸本により補う。


text/chomonju/s_chomonju666.txt · 最終更新: 2021/01/11 12:15 by Satoshi Nakagawa