ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju663

古今著聞集 草木第二十九

663 順徳院の御時十月のころ侍従宰相定家卿大蔵卿為長卿参内して・・・

校訂本文

順徳院1)の御時、十月のころ、侍従宰相定家卿2)・大蔵卿為長卿3)参内して、おのおの鬼間にて、大和(やまと)・唐(から)の物語して候ひける所へ、御所より蒔(ま)きたる硯の蓋に菊下絵にしたる檀紙を敷きて、菊花を一枝入れて、「両人見て参らせよ」とて、兵衛内侍に持たせて出だされたりければ、定家卿は走り立ちて逃げにけり。為長卿は詩を作りて奉りけるとなん。

いと興あることなり。件(くだん)の詩、尋ねて記すべし。定家卿逃げられけるも4)、さだめてやうあるらん。ゆかしくこそ。

翻刻

順徳院御時十月の比侍従宰相定家卿大蔵卿/s522l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/522

為長卿参内して各鬼間にてやまとからの物語し
て候ける所へ御所より蒔たる硯のふたに菊した絵
にしたる檀紙をしきて菊花を一枝入て両人見て
まいらせよとて兵衛内侍にもたせて出されたりけれ
は定家卿ははしりたちてにけにけり為長卿は詩を作
て奉りけるとなんいと興ある事也件詩たつね
てしるすへし定家卿にけられけるとさためてやう
あるらんゆかしくこそ/s523r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/523

1)
順徳天皇
2)
藤原定家
3)
菅原為長
4)
「も」は底本「と」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju663.txt · 最終更新: 2021/01/10 22:52 by Satoshi Nakagawa